連載
» 2019年04月25日 18時00分 公開

平成のプリキュアは、いかに“2度の危機”から復活したのか マクロ視点から振り返るサラリーマン、プリキュアを語る(1/5 ページ)

平成最後のプリキュア記事、気合入れて書いたら1万字を越えちゃいました。

[kasumi,ねとらぼ]
プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア

 2004年2月に放送開始した「ふたりはプリキュア」。

 かわいい女の子がキックやパンチで戦う「子ども向け」アニメ、という革新的な作風は放送開始とともに子どもたちの心をガッチリつかみました。以後シリーズを重ね15周年を迎えた今では、子ども向けアニメーションの代表的なポジションにまで成長しています。

 まさにプリキュアシリーズは「平成を代表するアニメ」の1つである事は間違いないものと思われます。

 しかし、そんなプリキュアの平成の歩みは決して順風満帆ではありませんでした。平成も終わろうとしている2019年4月。プリキュアがいかにライバルコンテンツと戦い、いかに2度も訪れた危機を乗り越えて発展してきたのかを「マクロな視点」から振り返っていきたいと思います。

プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア プリキュアと同時期に放送されていた主な女の子向けアニメーション

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



2004年「ふたりはプリキュア」

プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア キュアブラックとキュアホワイトで始まった「ふたりはプリキュア」(Amazon.co.jpから)

 2004年2月1日。新番組「ふたりはプリキュア」の放送が始まりました。前作「明日のナージャ」は内容的には高い評価だったもの、商業的にはやや期待値には届かなかったことを受けて番組内容を一新。「女の子向けアクションアニメ」という新ジャンルでのスタートです。東映アニメーションのプロデューサーは、同枠をずっと担当してきた関弘美さんから鷲尾天さんへと交代し、新しいニチアサの幕開けとなりました。

 この「ふたりはプリキュア」。放送開始と同時に一気に女の子に受け入れられ、大人気を博しました。その人気っぷりは、玩具の業界紙『月刊トイジャーナル』(東京玩具人形協同組合)でも言及されています。

 数量、金額ともに前年の「明日のナージャ」と比較しても昨対200%で推移しているといい「おジャ魔女どれみ」以来のヒットキャラクターとしての売り場での期待も高まっているという。(『月刊トイジャーナル』2004年3月号 P79)


 プリキュアの女児ホビー商材で売り上げを拡大し、10月〜12月は昨対650%、累計では265%を目指す。(『月刊トイジャーナル』2004年8月号 P104)


 「アクション要素をふんだんに盛り込んだバディもの女の子向け作品」という新しい要素が子どもたちに受け入れられ、半年もたたないうちに女の子向けアニメーションのスターダムへとのし上がったのです。

 プリキュア開始当初は7歳〜9歳をターゲットとしていたようですが(『月刊トイジャーナル』2004年2月号 P98)、小学生高学年の女の子(10歳〜12歳)にも高い人気があったようです。

 同時期に放送されていた女の子向けアニメは「わがまま☆フェアリー ミルモでポン! わんだほう」「ぴちぴちぴっちピュア」「マシュマロ通信」など。ミルモでポンは3年目、ぴちぴちピッチも4月から2年目に入るなど、この時期の女の子向けアニメは長期放送しているものも多く、新しいスタイルの「ふたりはプリキュア」は子どもたちの目に新鮮に映ったこともあるものと思われます。

 どうなるか分からないので「半年で路線変更も可能な構成」にしていたことも杞憂(きゆう)に終わり、「ふたりはプリキュア」は2004年を代表するアニメとなったのです。

プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア 同時期の作品その1「ぴちぴちピッチピュア」(Amazon.co.jpから)

プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア 同時期の作品その2「ミルモでポン!」(Amazon.co.jpから)

2005年「ふたりはプリキュアMaxHeart」

 2年目のプリキュアも好調を維持。新キャラクター「シャイニールミナス」を加え「ふたりはプリキュアMaxHeart」の放送が開始します。引き続き、子どもたちに大人気で変身アイテムは販売開始直後から品薄になりました。

 昨年の実績から期待を集めていた「ふたりはプリキュアMaxHeart ハートフルコミューン」は抜群のスタートを切り、番組開始直後から品薄に。(『月刊トイジャーナル』2005年3月号 P67)


 ただ、この2005年はプリキュアにとっても1つのターニングポイントとなった年でした。女の子に絶大な人気を誇るサンリオが2005年4月から森脇真琴さんを監督に据えたアニメ「おねがいマイメロディ」をスタートさせ、また同年4月には「おジャ魔女どれみ」を手掛けた佐藤順一さんが総監督の「ふしぎ星の☆ふたご姫」が放送開始。女の子向けアニメ市場がどんどん活発化していきます。

プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア おねがいマイメロディは4作品が作られた(Amazon.co.jpから)

プリキュア HUGっと!プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ ふたりはプリキュア 佐藤順一総監督の「ふしぎ星☆のふたご姫」(Amazon.co.jpから)

 そしてこの年、翌年に「プリキュアを最も苦しめる」コンテンツが大旋風(せんぷう)を巻き起こしていました。2004年10月から稼働を開始していた女の子向けカードゲーム「おしゃれ魔女・ラブandベリー」です(「・」はハートマーク)。その大ブームは翌年のプリキュアを大きく苦しめることとなります。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい