ニュース
» 2019年04月25日 10時00分 公開

疲れにくくて乗りやすい マツダが考えた最強の教習車、その名も「マツダ教習車」新型誕生

ペダルレイアウトや各種調整機能を盛り込んだ親切設計。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2019年4月24日、自動車メーカー・マツダが新型「マツダ教習車」を発表。5月27日の発売に向けて予約受付を開始しました。

マツダ 教習車 マツダが考えた最強の教習車「マツダ教習車」

 マツダ教習車は、教習を受ける人と指導する人の両方の視点から「扱いやすい」ことを念頭に置いて、正しい運転技量の習得に安心して取り組めるよう、高い安全性を備えた「理想的な教習車」を目指して開発されたクルマです。

 ドライバーが正しい姿勢でクルマを操作ができるように、ペダルの位置が自然に足を伸ばしたところにくるレイアウトになっているほか、ステアリングの上下および前後の位置調整機構を装備するなど、さまざまな体格のドライバーに対応しつつ、正しく、疲れにくい、理想的な姿勢へと導きます。

マツダ 教習車

 マツダ教習車は5ナンバーサイズのセダン型となっており、1.5リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.5」を搭載。変速機はマニュアル操作の「SKYACTIV-MT(6MT)」、オートマティック操作の「SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)」の2種を用意しています。

 クルマの運転で疲れる原因である前後左右への加速度(G)を統合的にコントロールして、快適な走行フィーリングを生み出す制御技術「G-ベクタリングコントロール(GVC)」も採用されており、クルマの運転に慣れていない初心者だけでなく、長時間に渡って乗車し続ける指導員の疲労軽減にも配慮。時速55キロ以上で急ブレーキをかけた時に、ハザードランプを高速点滅させて後続のドライバーに注意を促す「エマージェンシー・シグナル・システム(ESS)」なども装備しています。

マツダ 教習車 GVCテストの様子。助手席のケース(画像はマツダ公式サイトより)
マツダ 教習車 車体の揺れを比較したテストの様子(画像はマツダ公式サイトより)

 「マツダ教習車」は全国のマツダ販売店を通じて5月27日に発売する予定で、価格はMTモデルが187万5960円(税込)、ATモデルが194万2920円(税込)です。

動画が取得できませんでした
制御技術「G-ベクタリングコントロール(GVC)」の解説映像

春山優花里

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン