ニュース
» 2019年04月22日 15時06分 公開

これが次期「007」ボンドカーかぁぁ! アストンマーティン初のEV「Rapied E」がウルトラ速そう (1/2)

最大612馬力! DBS Superleggera譲りのEVな超速GTカー。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンが4月16日(現地時間)、中国で開催された上海モーターショー2019で、同社初のEV(電気自動車)である「Rapide E」を発表しました。内燃機関を備えない100%電動車で最大612馬力を発生。同社のフラグシップモデル「DBS Superleggera」(関連記事)の怪物的パワーや美しいデザインを継承するように、ハイパフォーマンス志向に振った4ドアEVとして展開します。

Rapide E アストンマーティン Rapide E(写真:アストンマーティン、以下同)

 Rapide Eには同社の持つ最新技術を余すことなく使うとしています。高出力の電動モーターを2基搭載し、最大出力は612馬力、最大トルクも96.8kgf-m(950Nm)とDBS Superleggeraの5.2リッターV型12気筒ツインターボガソリンエンジンに匹敵する強烈なパワーを発生します。停止から時速97キロ加速で4秒未満、時速80キロから時速113キロの中間加速も1.5秒と強烈な加速性能を持ち、最高速度も250キロに達します。

Rapide E
photo (参考)6リッターV12エンジンを搭載する最高峰モデル「DBS Superleggera」

 航続距離はWLTP基準で約322キロ。カーボンファイバーとケブラー製の強固なケースに収めたバッテリーを搭載し、容量は65kWhです。日本でも高速道路のサービスエリアなどで普及する50kW出力の急速充電設備において1時間で約298キロ分の充電が可能。100kW超の800V急速充電設備にも対応します。

Rapide E もともと6リッターV12エンジンのあったフロントにカスタムバッテリーパックを搭載。リアマウントの2つの強力モーターで駆動する

 一般的にEVはエンジン車ほど冷却風の取り込みを要しないことから、例えばテスラ車は前面のグリルやエアインテークをなくした、あるいはごく小型に留めるデザインをアイデンティティーの1つとすることがあります。しかしRapide Eはアストンマーティンならではの伝統的なグリルデザインをそのまま採用します。もちろんただ穴を開けたのではなく、EVとしての効率を意識した空気抵抗を減らす構造となっているようです。

 内装もEVらしく近未来的になっています。インストルメントパネルはアナログメーターではなく10インチの大型ディスプレイとなり、モーター出力やリアルタイムのエネルギー消費量、地図ルートなどを1画面で表示します。またDBS Superleggeraと同様に、GT、Sport、Sport Plusの走行モードを備え、攻撃的なスーパースポーツカーから、リラックスして優雅に運転できるグランドツアラーにまでドライバーが意のままに特性を調整できるようにもなっています。

Rapide E

 Rapide Eは155台を製造予定。そして次期「007」でジェームス・ボンドが乗ると告知されています。Rapide Eがどんな活躍を見せるのか、今から楽しみですね。

 なおボンドカーといえば、同社は往年の名車「DB5」(関連記事)を25台限定で復刻生産する発表も行っています。お値段は約4億円だそうです。また往年の名車と言えば、同じく英国の高級車メーカーであるジャガーが、1960年代の名車ジャガー・EタイプをそのままEV化した「E-TYPE ZERO」を市販する(関連記事)と発表しています。富裕層に向けた高級EV競走も激しくなっていきそうです。

Rapide E Rapide Eの主な仕様


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.