ニュース
» 2019年04月26日 18時11分 公開

「音楽という自分なりの表現を軸に」 渋谷すばるがファンクラブ開設、自主レーベルも立ち上げ今秋ソロCD発売へ

待ってました!

[川上酒乃,ねとらぼ]

 関ジャニ∞の元メンバーで2018年末にジャニーズ事務所を退所した渋谷すばるさんが4月26日、公式サイトでファンクラブの開設をファンに報告。自主レーベルの立ち上げも発表し、「ジャニーズへの感謝と、揺るぎない誇りを、今後の人生で、音楽という自分なりの表現を軸に、世界中に伝えていきます」と意気込みを伝えています。

渋谷すばる ファンクラブ shubabu 会員費 登録 レーベル 渋谷さん(画像は渋谷すばる公式サイトから)

 2018年12月にジャニーズ事務所を退所し、2019年2月に公式サイトを設立していた渋谷さん。「僕は今、世界中を旅しながら色々なことに触れて、見て、感じて、作曲しています。そんな日々を過ごしております」と、近況を報告するとともに旅の様子がうかがえる動画を投稿しており、ファンからは歓喜の声が上がっていました。

 公式サイト開設から約2カ月。待望のファンクラブ「Shubabu」開設に当たり、「どんな形でもいいので、早く皆様のお目にかかりたい!!」とファンへの愛をあふれさせた渋谷さん。公式サイトにはスタジオで歌ったり打ち合わせをしたりしている動画を投稿し、ファンクラブの特典としてコンサートチケットの先行受付や会員限定のブログ、年2回のデジタル会報、動画、グリーティングメールなどのコンテンツを用意したことも伝えています。

 渋谷さんはファンクラブ開設と同時に、自主レーベル「World art」を立ち上げも発表。「待ってくれているたくさんさんの人に、日本だけでなく国境を越えて活動していきたい」という願いの下、今秋のソロCDリリースを目標とし、レコード会社「ワーナーミュージック・ジャパン」の全面的なバックアップを受けて活動していくとのことです。

 「自分自身で決めた今後の人生、かけてみたいと思った音楽の世界、楽な事など一つもありませんが、全ての音を楽しみながら、まだまだ恥をかいて生きていきます」と決意をつづった渋谷さん。「ジャニーズ事務所に育てて頂いた、15歳からの約22年間という時間は、渋谷すばるという人間の全てに、間違いなく刻み込まれています」と、かつての古巣への感謝の気持ちも明かしています。

渋谷すばる ファンクラブ shubabu 会員費 登録 レーベル

渋谷さんのコメント

自分自身で決めた今後の人生、かけてみたいと思った音楽の世界、楽な事など一つもありませんが、全ての音を楽しみながら、まだまだ恥をかいて生きていきます。

これからの人生のきっかけを下さったワーナーミュージックさんに、感謝致します。

ジャニーズ事務所に育てて頂いた、15歳からの約22年間という時間は、渋谷すばるという人間の全てに、間違いなく刻み込まれています。

そしてそれは、今後も決して変わる事はありません。

ジャニーズへの感謝と、揺るぎない誇りを、今後の人生で、音楽という自分なりの表現を軸に、世界中に伝えていきます。

どんな形でもいいので、早く皆様のお目にかかりたい!!

これから、どうぞ宜しくお願い致します。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」