ニュース
» 2019年05月08日 12時20分 公開

決してロボがトランスフォームすることはない 「トランスフォーマー」精神的続編群の奥深い世界

「トランスフォーマー」の精神的続編(決して続編ではない)。

[サメ映画ルーキー,ねとらぼ]

 令和元年は超大作映画がめじろ押しだ。アベンジャーズの物語は終わりを迎え、人類は再びゴジラに襲われ、リアルすぎるジーニーはわれわれに夢を見せ、ライアン・レイノルズはピカチュウになった。その一方で、5月8日にアメリカから刺客とでもいうべき注目作がリリースされるのをご存じだろうか。そう、「ザ・トランスフォーム 地球外機械生命体」である。


「トランスフォーマー」の精神的続編 5月8日リリース(Amazon.co.jpより

 製作はあのアサイラム。3月に日本でも公開された「トランスフォーマー」のスピンオフ作品に奇妙なまでに似ているが、全くの別物である。

 こうした「トランスフォーマー」の精神的続編(決して続編ではない)がこれまでに7作リリースされている。筆者は「ザ・トランスフォーム」の襲撃に備え、事前に全ての作品を鑑賞した。各作品の相対的な位置付けを表したのが以下の図である。


「トランスフォーマー」の精神的続編 5月8日リリースの「ザ・トランスフォーム」(Amazon.co.jpより

 今回は、これまで日本でリリースされたトランスフォーマーの精神的続編の中から、『ザ・トランスフォーム』の予習として最適な3本を紹介しよう。大変有意義かつ無駄な時間が過ごせることを保証する。


その1:「トランス・バトラー」(2007)

「トランスフォーマー」の精神的続編 「トランス・バトラー」(Amazon.co.jpより

 同作は突如襲来した宇宙人とそのロボによって地球が征服されるも、フィリピンの勇敢な人々が一致団結して世界を救う物語だ。

 ショベルカーなどの重機を改造したような巨大ロボのジャンク感がカッコいいのでハマる人にはハマるし、ストーリーも割としっかりしているが、決してロボがトランスフォームすることはない。



その2: 「メタル・トランスフォーム」(2011)

「トランスフォーマー」の精神的続編 「メタル・トランスフォーム」(Amazon.co.jpより

 シネテルフィルム製作という時点で察してほしい。突如宇宙から飛来した殺人バクテリアがおじいちゃん製作のアイアン・ゴーレムに寄生し、町の人々を襲い始めるというストーリー…のはずだったが、ロボとしての活躍はほとんどなく、爆散したパーツに触れると毒殺されるという謎の展開が始まってしまう。

 釣り糸(たまに見える)でコロコロと転がるパーツがなんだかかわいいが、決してロボがトランスフォームすることはない。



その3:「トランスモーファー 人類最終戦争」(2007)

「トランスフォーマー」の精神的続編 「トランスモーファー 人類最終戦争」(Amazon.co.jpより

 突如地球に侵略してきた機械生命体が地球を征服し、人類は地下に潜んで反撃の機会をうかがう。荒くれ者として名をはせ冷凍刑に処されていた主人公が物語の鍵となるが、コールドスリープ中に彼女を上官の女性に寝取られるというという衝撃の展開に開いた口がふさがらない。

 精神的続編の起源(元凶)であり、この作品以後「トランスフォーマー」の面影のある作品が乱造されるようになった。製作はもちろんアサイラムであり、決してロボがトランスフォームすることはない。


 これまで見てきた通り、物語の始まり(何も始まらずに終わることもある)でいつも宇宙(そら)から何かがやってきて、何かがトランスフォームするということはない、それがトランスフォーマーの精神的続編に共通する特徴である。

 中にはしっかり擬態・変形する作品もあるが、なぜあえてこの3本をピックアップしたかというと……察しの良い方はもうお気付きの通り、「ザ・トランスフォーム」も別にトランスフォームはしないのである。精神的続編初心者はその部分を理解しておかないと重大な心の傷を負う可能性があるので、その警告も含めて紹介させていただいた。

 さて、必要ないかもしれないが、せっかくなので「ザ・トランスフォーム」のあらすじも見てみよう。

 「20XX年。世界各地でUFOが目撃され、人々の失踪が相次いでいた頃。ロボット工学科の学生、ヘレン、クロエ、ルークの3人は高性能人型ロボット《ホーネット》を完成し、実験のため人目のない山奥に向かう。だがそこで、彼らは巨大UFOに遭遇。その光線を浴びたホーネットは、突如ヘレンたちに襲いかかって来た。ホーネットの部品はエイリアンが地球に送り込んだ物であり、侵略兵器だったのだ。3人はホーネットのコントロールを取り戻し、地球を侵略者の魔手から救えるのか?」(アルバトロス公式サイトより

 やはり宇宙である。そして特に変形ロボットという記述もない。しかしそこは「サメ映画にはサメが出ない」のと同じように(参考記事)、「トランスフォーマーのトランスフォーム抜き」は精神的続編において王道中の王道であることを思い出しこらえてほしい(「ザ・トランスフォーム」というタイトルは見えないものとする)。

 ただ、製作側の真意は分からないが、この作品は他の要素である“ゾンビっぽい何か”にかなり力を入れている(実はPOV作品でもある)。「肝心なものが何一つ含まれていないのに、望んでもいないものがてんこ盛り」状態であることに間違いはないが、ハンバーガーを頼んだらラーメン二郎が出てきたようなものと考えればいいのかもしれない。

 本来であればストーリーのより細かな紹介をしたいところだが、あらすじ以上の話の筋がないので割愛させていただく(あとUFOもほとんど出ない)。超大作「ザ・トランスフォーム」は5月8日リリースである。お楽しみに!

サメ映画ルーキー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.