ニュース
» 2019年05月10日 16時20分 公開

漫画『孔雀王』荻野真さん死去 59歳

『孔雀王』は密教に関心を抱くきっかけとなった思い出深い作品でした。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 漫画『孔雀王』などで知られる漫画家の荻野真さんが、4月29日に腎不全のため死去していたことが集英社『ヤングジャンプ』の公式サイトで5月10日に発表されました。享年59歳。葬儀は5月8日に近親者のみで執り行ったとしています。

孔雀王 荻野真 死去 腎不全 59歳 荻野真さんの訃報を伝える『ヤングジャンプ』公式サイト

 1959年生まれの荻野さんは、1985年に『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載開始した『孔雀王』でデビュー。同誌史上初の集英社青年漫画大賞を受賞した同作は、密教や神道をはじめさまざまな神話をモチーフとした作風で、オカルト系漫画屈指の名作に。アニメ化や映画化も果たし、九字を切る多感な読者を多数生み出しました。

孔雀王 荻野真 死去 腎不全 59歳 『孔雀王』(画像はAmazon.co.jpから)

 『孔雀王』連載終了後は、同誌で『孔雀王 退魔聖伝』『孔雀王 曲神紀』などの続編を手掛けるとともに、『夜叉鴉』『拳銃神』なども連載。2010年代になると、小学館やリイド社で『孔雀王ライジング』『孔雀王-戦国転生-』の連載をスタートしています。


 プライベートでは、2015年末に急性ヘルニア・肝硬変・肺梗塞・多臓器不全などが一度に発症し、ICUで年末年始を過ごしたと明かしていました。

 『ヤングジャンプ』公式サイトでは、「独自の世界観からなる その伝奇SF作品は多大な人気を博してまいりました」と荻野さんの死を悼みつつ、「これまでの読者の皆さまのご愛顧に対し深謝しますとともに 謹んでご逝去の報告を申し上げます」と追悼の意を表しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.