ニュース
» 2019年05月25日 14時58分 公開

緊張しすぎて……? ミスした西島秀俊をいじる佐々木蔵之介、映画「空母いぶき」初日舞台あいさつ

会場の空気が一気に和やかに。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 映画「空母いぶき」(原作者:かわぐちかいじさん)の初日舞台あいさつが5月24日、東京の「TOHO シネマズ日比谷」で開催。秋津竜太役の西島秀俊さん、新波歳也役の佐々木蔵之介さん、本多裕子役の本田翼さん、迫水洋平役の市原隼人さん、森山しおり役の深川麻衣さん、湧井継治役の藤竜也さん、若松節朗監督が登壇しました。

空母いぶき 西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 市原隼人 深川麻衣 藤竜也 若松節朗 かわぐちかいじ 左から若松節朗監督、市原隼人さん、本田翼さん、西島秀俊さん、佐々木蔵之介さん、藤竜也さん、深川麻衣さん


 映画上映後ということもあり、若干緊張感の漂う会場内。その空気に当てられたのか西島さんが「皆さん、こんば……こんばんはじゃない、すみません(笑)」といきなりのミステイク。一気に会場内の空気を和ませると、続く佐々木さんも「皆さん、こんば……あ、こんにちは」とあいさつ。すかさず西島さんがツッコミを入れると観客からは大きな笑い声が上がりました。

空母いぶき 西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 市原隼人 深川麻衣 藤竜也 若松節朗 かわぐちかいじ やらかしちゃった西島さん

 藤さんは、そんな西島さんと佐々木さんについて、「初日の1カットから、撮影始まって1カ月ぐらいたっているぐらい密度の高さや緊張感、完璧でした」と大絶賛。西島さんによると、多くの自衛官の人たちに話を聞かせてもらうなど、事前にしっかり準備をしてから撮影に臨んだとのこと。「この場を借りて、感謝を申し上げたい」と言葉を贈っていました。

空母いぶき 西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 市原隼人 深川麻衣 藤竜也 若松節朗 かわぐちかいじ

 オリジナルキャラクターである本多記者を演じた本田さんは、「自分の役割を見つけて、それをやり通さないといけないなという思いで撮影に臨みました」と回顧。「見てくれた方が、私の役があって、この映画がより見やすくなったなって思えてもらえたら幸せです」と話しました。

空母いぶき 西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 市原隼人 深川麻衣 藤竜也 若松節朗 かわぐちかいじ

 コンビニの店長である中野啓一役の中井貴一さんと共演したアルバイト役の深川さんは、「大先輩ですのですごく緊張したんですけど、カメラがまわるたびに中井さんからアドリブが飛び出して、すごく朗らかな空気感で撮影ができました」「中井さんのユーモアとこだわりが詰まったシーンなので、また見に行こうっていう方がいたらぜひ、コンビニのシーンも注目して見てみてください」と呼びかけました。

空母いぶき 西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 市原隼人 深川麻衣 藤竜也 若松節朗 かわぐちかいじ

 また、舞台あいさつの途中では、原作者のかわぐちさんからの手紙も読み上げられ、西島さんは「企画の段階から相当高いハードルがたくさんあったと思います。その中で、こうやって映画が完成して、こうやって先生にすばらしいお手紙をいただいて、皆さんにこうやって見ていただけるのは本当に感無量です。ありがとうございます」と感謝を伝えました。

 映画「空母いぶき」は、近未来の日本を舞台に、国籍不明の潜水艦と自衛隊の護衛艦による攻防を描いた軍事ドラマ。全国の映画館で公開中です。


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.