ニュース
» 2019年05月28日 15時30分 公開

お値段たったの17万円!? スズキ、インド生まれのスポーツバイク「GIXXER SF」リニューアル 250ccのプレミアムモデルも設定(1/2 ページ)

隼とGSX-Rの系譜を継ぐスポーツバイク。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2輪の製造販売を手がけるスズキのインド法人「スズキ・モーターサイクル・インディア」が、インド向けに開発しているスポーツバイク「ジクサー(GIXXER SF)」のリニューアルと、排気量をアップした新型「GIXXER SF 250」を発表。スペックや価格などを明らかにしました。

ジクサー スズキ インド GIXXER リニューアルした「GIXXER SF」のメタリックマットプラチナシルバー
ジクサー スズキ インド GIXXER 上位モデルとして設定された「GIXXER SF 250」のメタリックマットプラチナシルバー

 ジクサーはスズキが手がける人気車種「GSX-R」と「隼」の流れを汲んで、世界最大級の二輪市場であるインドを拠点に生産販売されている150ccクラスのスポーツバイク。手頃な価格でスポーティーな走りが楽しめるマシンとして人気で、日本では2017年からネイキッド仕様で正規輸入販売が行われています。

ジクサー スズキ インド GIXXER 「GIXXER SF」のリアビュー

 リニューアルしたGIXXER SFは、最大14.1馬力(8000rpm)を発揮する155cc空冷4スト単気筒エンジンを採用。5速マニュアルギア仕様でABS、視認性の高いデジタルメーターなどを搭載しています。

 車体サイズは全長2025ミリ、全幅715ミリ、全高1035ミリで、ホイールベースは1340ミリとなっており、シート高は795ミリ。重量は146キロで、燃料タンクの容量は12リットルです。

 カラーバリエーションはメタリックマットブラック、メタリックマットプラチナシルバーの2色を用意しており、価格は約17万円(10万9870ルピー)となっています。

ジクサー スズキ インド GIXXER シリーズ初となる250ccクラスとなった「GIXXER SF 250」

 同時発表された「GIXXER SF 250」は、シリーズ初となる250ccクラスのバイクとなっており、最大26.5馬力(9000rpm)を発揮する249cc油冷4スト単気筒エンジンを搭載。6速MT仕様で、ABSや視認性の高いデジタルメーターを搭載しているほか、MotoGPマシン用に開発された軽量化および摩擦軽減技術を採用して、優れたライディング体験を提供します。

ジクサー スズキ インド GIXXER 「GIXXER SF 250」メタリックマットブラック

 車体サイズは全長2010ミリ、全幅740ミリ、全高1035ミリで、ホイールベースは1345ミリとなっており、シート高は800ミリ。重量は161キロで、燃料タンクの容量は12リットルです。

 スズキ・モーターサイクル・インディア副社長のDevashish Handaさんは「インド市場では200cc以上のプレミアム品質のバイクが求められている」として、顧客のニーズに応えるパワフルなパフォーマンスと、先鋭的でスポーティーなルックスに仕上げたGIXXER SF 250は「スズキは国内(インド)の高級オートバイ市場でのプレゼンスをさらに高めることができる」とコメントしています。

 GIXXER SF 250の価格は約26万7000円(17万655ルピー)。カラーバリエーションはメタリックマットブラック、メタリックマットプラチナシルバーの2色を用意しています。

プロモーション映像

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」