ニュース
» 2019年05月30日 14時16分 公開

LINE Pay「300億円祭」、期間延長 あと100億円残っているため

送り切る構えです。

[ねとらぼ]

 LINEは5月30日、LINE Payの山分けキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」の期間を延長し、総額300億円相当分を送り切るまで続けると発表しました。

photo LINE Payの300億円山分けキャンペーン

 同キャンペーンは、LINEの友だちに無料で1000円を送れるという内容。受け取れるのは1人当たり上限1000円なので、最大3000万人が対象になる計算です。

 同社によると、当初予定していたキャンペーン期間の5月20日〜29日で約200億円が送られたものの、

開始直後から想定以上に大きな反響をいただき、キャンペーンページにつながりにくい状況や、銀行口座連携の一時停止や処理量制限、本人確認の遅延などの障害で、開始から数日間にわたり、ユーザーの皆様へご不便、ご迷惑をおかけいたしました。

──という事情を考慮し、当初は29日で終了する予定でしたが、300億円相当の送付が終了するまで延長を決めました。

photo 友だちに無料で1000円相当を送ることができる

 開始当初は約1日で100億円が送られるなどして話題になりましたが(関連記事)、受け取りに必要な本人確認方法のうち、「かんたん本人確認」の新規受付を一時停止するなどしたこともあり、送付額の伸びは鈍化していたようです。

 今後はLINE自身も、各種のLINE公式アカウントと友だちになっているユーザーを対象に、まだ受け取っていないユーザーへ1000円相当を送る企画を実施。300億円を送り切る構えのようです。

 「かんたん本人確認」の新規受付は現在は復旧していますが、キャンペーン延長で再びアクセスが集中する可能性があるため、本人確認には「銀行口座連携」を勧めています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.