ニュース
» 2019年06月04日 11時30分 公開

“そうめん”を電子レンジでゆでるレシピが夏にうれしい 猛暑のキッチンから解放されるぞ

これで猛暑を乗り切りたい。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 電子レンジで“そうめん”をゆでる最高にラクな方法がTwitterで人気です。夏はキッチンが酷暑、子どもがいる、コンロでは別の料理をしたいという人たちから「便利!」と絶賛されています。時短レシピサイト「つくりおき食堂」作者の若菜まりえさんが紹介するこの方法、さっそく試してみましょう。

完成したそうめん 電子レンジだけでそうめんをゆでてみたぞ!

 用意するのは、耐熱ボウル(2リットル以上のものがよい)、水、そうめんです。

そうめんと水が入った耐熱ボウル 耐熱ボウル、水、そうめんを用意してください

 そうめん200グラムをゆでる場合、水は700ミリリットル必要になります。

水700ミリリットル 水は700ミリリットルを耐熱ボウルへ

 電子レンジで水だけを、ラップなしで9分間加熱しましょう。取り出すときは容器が熱くなっているので、気を付けてください。

水を電子レンジに入れるところ ラップをしないで9分レンチン

 加熱が終わったら、そうめん200グラムを入れ、菜箸でかき混ぜて沈ませます。

そうめん4束と水 お湯に、そうめん200グラムを入れます

そうめんをかき混ぜる かき混ぜて、沈ませましょう

 記載のゆで時間+2分間、電子レンジで加熱します。

そうめん入りボウルを再度電子レンジへ 記載のゆで時間+2分、レンチンします

そうめんパッケージの裏側 筆者のそうめんの場合は1分30秒+2分=3分30秒でした

 ざるにあけて、流水で洗います。

ざるに取ったそうめん 流水で洗いましょう

 そうめんがゆで上がりました。特に鍋でゆでた場合と見た目に違いはありません。こうやって2段階で電子レンジを使えば、そうめんをゆでられるんですね。インスタ映えを気にしないなら、耐熱ボウルのままテーブルにどーんと出しても問題ないでしょう。

完成したそうめん いつも通りのそうめんだ!

 食べてみたところ、鍋でゆでた場合となんら遜色なく、おいしくいただけました。汗ばむ首筋を窓から吹き込む風が涼ませてくれる。そんな休日の昼下がりに、そうめんをいただくと「夏ですなぁ」と思わず声が出てしまいます。まだ、6月が始まったばかりなんですけど……。本格的な暑い夏が今から思いやられますが、このレシピがあれば、なんとか乗り切れそうな気がします。

盛り付けたあとのそうめん インスタ映えを狙って盛り付けました

 ところで、100グラムだけゆでたい場合は、水600ミリリットルをラップなしで8〜9分電子レンジで加熱、そうめんを入れてかき混ぜる、記載のゆで時間+1分30秒で作れるそうです。

 記事で紹介したレシピは、600Wの電子レンジの場合です。ご家庭の電子レンジに合わせて加熱時間は調節してください。

電子レンジの加熱時間・換算表

500W 600W 700W
40秒 30秒 30秒
1分10秒 1分 50秒
1分50秒 1分30秒 1分10秒
2分30秒 2分 1分40秒
3分 2分30秒 2分
3分40秒 3分 2分30秒
4分10秒 3分30秒 2分50秒
4分50秒 4分 3分10秒
5分30秒 4分30秒 3分40秒
6分 5分 4分
7分10秒 6分 4分50秒
つくりおき食堂まりえさんの投稿より抜粋)

 電子レンジで麺をゆでるのは、やってみると意外なほどに楽です。パスタを電子レンジでゆでる方法も便利です(関連記事)。

高橋ホイコ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.