ニュース
» 2019年06月04日 11時30分 公開

“カーシェア収入”も可、月額1万円台後半から DeNAがクルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」開始

「車検代、税金などもコミ」どんな仕組みなの?

[カナブンさん,ねとらぼ]

 DeNA SOMPO Carlifeは6月3日、月々定額料金で新車を利用できるサービス「SOMPOで乗ーる」を開始しました。提供地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪からで、順次拡大予定としています。

SOMPOで乗ーる 自動車に必要なものがすべてコミコミの定額サービス

 SOMPOで乗ーるは、ディー・エヌ・エーと損害保険ジャパン日本興亜を中心としたSOMPOホールディングスによる合弁会社、DeNA SOMPO Carlifeが展開するサービス。事前に3年、5年、7年から期間を決めて契約するリース形式で、利用者は国内で販売されている新車から好きな車種を選び、契約期間満了時の車両価格を差し引いた残りの金額を毎月支払う仕組みです。

SOMPOで乗ーる 月々の支払額が一定です

 月額料金は車両代金分に加えて、法定点検、車検、税金、メンテナンス代、自動車保険料などのクルマを維持する諸費用もコミコミで含まれます(別途駐車場の確保は必要です)。家に例えると、家を買う「所有」に対して、賃貸契約して「利用」するようなイメージです。

 公式サイトでは車種を選択して月々の支払金額のシミュレーションができます。対象車種はトヨタやホンダなどの国内メーカーから、BMW、メルセデス・ベンツなどの海外メーカーの高級車も。乗用車だけでなく軽トラックなどの車種もあります。なお、レンタカーではないので「わ」や「れ」ナンバーではありません。

SOMPOで乗ーる 2019年6月3日時点の7年契約時最安価格車はダイハツの軽トラ「ダイハツ・ハイゼットトラック(およびトヨタのピクシストラック)」の月額1万8600円だった

SOMPOで乗ーる 「トヨタ・ヴィッツ」「ホンダ・フィット」などの普通車コンパクトクラスも月額2万円台後半〜3万円台前半から

SOMPOで乗ーる 憧れの海外メーカー車も。法人名義での申し込みも可能

 利用者は希望する自動車を選び、リース契約の審査を経て契約します。納車は各メーカーの販売店。サポート内容と価格が異なる「いつでも乗ーるプラン」「たまーに乗ーるプラン」の2種類のメンテナンスプランを用意し、クルマを利用する頻度に応じて選べます。

SOMPOで乗ーる クルマの利用頻度に応じたメンテナンスプランを用意する(SOMPOで乗ーる公式サイトより

 一般的にリース契約の車両は自身の所有物ではなく、借りているもの。利用範囲には一定の制限があります。しかしSOMPOで乗ーるで契約した車両は、DeNAが展開する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」(関連記事)への登録が可能です。

 Anycaは、個人(利用者)対個人(オーナー)でのクルマの貸し借りを取り持つカーシェアサービス。レンタカーや企業対個人型のカーシェアサービスに対し、個人が所有する「こだわりのクルマ」「珍しいクルマ」「楽しいクルマ」を借りられるのが魅力です。オーナーは「クルマ使わない期間を有効活用できる」こと、つまり、貸し出せば収入が得られます。

 Anycaにオーナー登録して収入が得られれば、月額発生コストを減額できます。場合によっては完全に相殺した月額0円に、さらには儲けが出る可能性もあり得ます。Anycaにおける「オーナー」になれる特典、ここがSOMPOで乗ーるのかなり大きなポイントといえそうです。

SOMPOで乗ーる 個人間カーシェアのAnycaで貸し出せる

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.