「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ(3/4 ページ)

» 2019年06月15日 13時00分 公開
[Kikkaねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

――「日本放送作家名鑑」のアイデアにはクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で多くの支援が集まりました。具体的にはどんなサイトになるのでしょうか。

深田簡単に説明すると、「日本タレント名鑑」の放送作家版です。もし「この放送作家はこんなジャンルが得意なんだ」「この企画を考えた人なんだ」ということが一目で分かるサイトがあれば、面識のないディレクターやプロデューサーから声がかかるチャンスが増えるのではと考えました。


深田憲作 放送作家 日本放送作家名鑑 日本放送作家名鑑のサイトトップ(日本放送作家名鑑より)

 もともとは放送作家同士で「1番面白い放送作家は誰か?」「あの番組の企画を考えたのは誰か?」といった話をするのが好きだったので、たくさんの放送作家からそうした話が聞ければな、という趣味感覚でやりたいと思ったところがスタートだったのですが、よく考えたら「タレントは面識がない人から仕事のオファーが来るのに、放送作家は知り合いからしか仕事が来ない」ということに気付き、テレビ業界関係者や放送作家を目指している人の参考になるようなサイトが作れたら……というところに行きつきました。サイトには放送作家への取材だけではなく、“放送作家あるある”を盛り込んだ4コマ漫画も掲載する予定で、多くの人に楽しんでもらえればと考えています。


深田憲作 放送作家 日本放送作家名鑑 4コマ漫画・放送作家のあるあるな日常「担当番組の悪口」

――とても面白いアイデアだと思います。サイト作りのために現在放送作家さんに取材を敢行されているとのことですが、あらためて気づいた点等はありますか。

深田取材をする方には最初にアンケートを送ってからお話を聞きに行っているのですが、親しかった人ですらアンケートの時点で「え、この人歴史詳しいの!?」「あの企画、この人が考えたやつだったんだ!?」「この人はこの放送作家に衝撃を受けたんだ!」など、驚きの連続でした。やっぱり知り合い同士でも知らないことばかりで、取材して良かったなと思うことが多いです。

――深田さん自身が影響を受けたり、尊敬する作家さんは誰なのでしょうか。

深田渡辺真也さんです。僕が放送作家デビューをした「くりぃむナントカ」や「シルシルミシル」でお世話になった方なのですが、誰もが認める本物の“お笑いの天才”でした。数年前に残念ながら他界してしまったのですが、僕は今もずっと尊敬の念を抱いているので、今回の日本放送作家名鑑の取材を通じて、あらためて「渡辺さんがどんな方だったのか」。天才の素顔が知れたらいいな、という思いもあります。

――今回の日本作家名鑑では何人ぐらいの作家さんを取材される予定ですか。

深田期限は特に区切っていないですが、いったん100人を目指そうと考えています。やっぱりそこそこの人数の記事がないと、役立たないですからね。新人放送作家から大御所放送作家まで幅広く載せてこその日本放送作家名鑑だと思っているので、鋭意各方面を取材中です。

――楽しみです。深田さんが今一番取材してみたい放送作家はどなたですか。

深田半分冗談、半分本気で言っているのは秋元康先生です。秋元先生も大成功された放送作家の1人ですから、ぜひお話を聞かせていただきたいです。ただ日本放送作家名鑑は成功者インタビューサイトではないので、秋元先生を特別扱いして掲載するわけではなく、新人放送作家とも並列で紹介する、という変なこだわりがあります。でもたぶん、あいうえお順に並べるので結局秋元先生が1番先頭に来ることになっちゃいそうですけどね(笑)。やっぱり秋元先生は放送作家界のトップになる運命なんですね(笑)。

――めちゃくちゃ読みたいですそのインタビュー。面白くなる気配しかしないですよ。隅っこで構わないので同席させていただきたいぐらい興味があります(笑)。

深田いや〜もう本当にやらせてほしいです。秋元先生を取材して、他の放送作家と同様に謝礼3000円を受け取って頂く――というのが夢ですね。「俺はギャラ3000円で秋元康にインタビューした!」って一生自慢したいですからね(笑)。あとは福田雄一さん、宮藤官九郎さん、小山薫堂さんなども放送作家のご経験がある方々なので、いつか取材させてもらえたらなと思っています。さらに現役放送作家で日本の頂点にいる鈴木おさむさん、桜井慎一さん、そーたにさん、中野俊成さん、石原健次さんといった方々も取材させていただきたいです。当然、その中の1人である師匠の高須さんを取材する、というのも夢の1つですし。

――すごく楽しみです。作家の方からはこの取り組みについてどんな声が上がっていますか。

深田結構肯定的な意見が多くて、応援の声もいただいています。自分としてはお金を払ってでも話を聞きに行きたい方を取材させてもらうという感覚だったのですが「大変なことも多いかと思いますが、頑張ってください」と熱いLINEをくださった方もいらっしゃいましたし、自分と同じように放送作家の話を聞きたいと思っている人は多いんだなと実感しました。

地上波テレビ番組とネット番組の違いは「自主規制」

――深田さんは地上波での活躍はもちろんのこと、Amazonプライム・ビデオ番組「今田×東野のカリギュラ」など、ネットのお仕事もされていますよね。テレビとネットで一番違うところって何だと思いますか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評