「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ(4/4 ページ)

» 2019年06月15日 13時00分 公開
[Kikkaねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

――深田さんは地上波での活躍はもちろんのこと、Amazonプライム・ビデオ番組「今田×東野のカリギュラ」など、ネットのお仕事もされていますよね。テレビとネットで一番違うところって何だと思いますか。

深田規制ですかね。自主規制。

――例えば地上波だと出来ないけれど、カリギュラだと実現できたという代表的な企画はありますか。

深田カリギュラでやっているのはほとんどテレビじゃできないんじゃないですかね(笑)。そもそものコンセプトが「地上波で禁止された企画をやる」という番組でもあるので。テレビでは基本的にエロ・犯罪系はできないですけれども、カリギュラだと「夜の嬢王は誰だ!? 芸人の嫁 指名ダービー」「教えてシリガール 〜美女のイケないレッスン〜」「うちの親は大丈夫! 母ちゃん、オレオレ詐欺選手権」といった企画がありました。これらはAmazonプライム・ビデオの中でもギリギリな企画らしいので、カリギュラはかなり異端なんだとは思うのですが、テレビじゃ絶対にできないだろうなと思います。

――テレビはテロップの量がここ10年ぐらいですごく増えましたが、ネットだとテロップが少ないですよね。テレビの「テロップでまくり論」について、深田さんはどう捉えていますか。

深田人によってはあぁいう演出が嫌いだという人もいますが、僕個人としては、テレビの進化の結果=テロップの増加なのかなと思っています。例えば今は当たり前になっている「歌にテロップを入れる」という演出も、最初に入れたときは批判があったでしょうし、「エンタの神様」(日本テレビ系)で芸人のネタにテロップを入れたときも賛否両論があったと思うんです。でも結局なんでテロップを入れるのかといえば、それは「視聴率を獲るため」ですから。歴史上のテレビマンたちが本気で視聴率を獲ろうと考えに考えて進化してきた結果だと思うので、僕は否定感情はないですけどね。

 テロップのほかにも、テレビ用語で「引っ張る」という言葉があります。例えば人やモノにモザイクを入れて、そのモザイクが外れるまで視聴者の興味を持たせたり――というのが代表的な「引っ張る」演出の一つですが、このように「どう引っ張るか」というのを多くのテレビマンが本気で考えているんです。

 でもネットの場合は地上波のように、「テレビをつけたらその番組がやっていたから見た」というよりは、その番組を見るためにチャンネルを合わせた、いわゆる“積極視聴”の視聴者が多いですから“一度視聴し始めた人は最後まで見る”という傾向があるので、地上波の番組ほどは過剰に引っ張る必要がないということだと思います。

――そう言われてみればそうですよね。深田さんご自身もネット番組とテレビ番組だと、ここは変えようと意識される点はあるのでしょうか。

深田これはディレクターの仕事の範ちゅうですし、僕みたいな下っ端が考えることではないんですが、それこそ「過剰なテロップはいらない」ということは1つあると思います。テレビがなぜサイドテロップ(左上・右上・左下・右下に置かれるテロップ)を入れるかというとザッピングしたときに、「数秒で番組内容を理解できないとチャンネルを変えられる」という理由があるからなんです。特にテレビのゴールデンは「多くの人に番組内容を理解してもらう」ことが大事なので、丁寧に説明をするのですが、ネットの場合は、番組内容を理解して視聴している人がほとんどなので、過剰な説明は不要という意識が多少あります。

――一般大衆向けのテレビ、コアな層に向けたネットという感じですね。ネットの番組に関わられたのは、何かきっかけがあったんでしょうか。

深田ディレクターに呼ばれたからですね。今のところは、ネットの番組のほとんどがテレビで活躍している制作会社が関わっていて、例えばカリギュラは一流のディレクターと放送作家が集結しています。僕なんかは会議でずっと緊張しっぱなしですから(笑)。

ゴールデンでの視聴率の取り方

――テレビでは視聴率を取るために意識する、視聴者層みたいなものもあるんですか。

深田視聴率を取ろうと思ったら、「3層を意識しろ」ということはよく言われますね。基本的には「F層(女性)」と「M層(男性)」があって、「F1層が20歳〜34歳の女性」「F2層が35歳〜49歳の女性」「F3層が50歳以上の女性」と年齢別に層が分かれているんですが、視聴率って実はその層ごとの数字も出るんですよ。世の中に知られている視聴率っていうのは「世帯視聴率」というものなのですが、その世帯視聴率を取るためには「M3層」「F3層」を意識した方が人口の割合的に視聴率が上がるんです。

 なので、ゴールデンの視聴率を取りたいときは「Fが見てくれるか」「3層が見てくれるか」を意識するようにというのはよく聞きます。ただ、これも今後時代の流れで変わっていく可能性もありますし、番組の評価基準が世帯視聴率ではなくなってくるというような話も聞きますが。少なくとも現時点での地上波の番組においては、「若者の視聴率はめちゃくちゃ高いけれど、年配の方があまり視聴していない」という番組は世帯視聴率が上がらないんですよね。これに対照的なのが「イッテQ」。あれは子どもから年配の方まで幅広く視聴されているので、超理想の番組です。

――「イッテQ」の人気の秘訣はどんなところにあると思いますか。

深田「イッテQ」はごぞんじの通りナレーションも面白いんですけれど、“視覚で楽しめる番組”だと言われます。例えば人が転ぶとか、“見て笑える”=“現象の笑い”が多く含まれているので、お茶の間で子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで世代を問わず、みんなが笑える。だから世帯視聴率も獲るし、視聴率だけでなく業界人からも面白いと思われているという本当にすごい番組だと思います。


深田憲作 放送作家 日本放送作家名鑑 とっても人当たりが良い深田さん。「日本放送作家名鑑」の更新が楽しみです……!


取材後記

 テレビ視聴率調査の「ビデオリサーチ」では、2019年4月から北部九州地区でもテレビ視聴率調査をリニューアルするため、個人視聴率というデータの提供が始まりました。これは視聴率調査に協力する世帯の個人がどの時間に何の番組を見ているかが明らかになるというもので、2019年4月以前には関東地区・関西地区・名古屋地区の3地区で個人視聴率の調査が導入されていました。

 ビデオリサーチにお話を伺ったところ、「個人視聴率の調査」は視聴率調査の仕様を強化するための一環とのことで、これまでにも機械式で測定する「世帯視聴率」に加え、「日記式」(紙に1週間見た番組を記録してもらうという方法)と呼ばれる測定法で個人の視聴率も把握してきたそうですが、今後は機械的にこれらが測定できるといいます。

 近い将来、テレビ業界において個人視聴率が重視されることとなれば、現在の「F層」「3層」を重視した「世帯視聴率を獲る番組作り」から、「個人の興味を引くための番組作り」に移行する可能性もあります。今回の取材を通じて、作り手がいかに熱い思いで番組を制作しているのかに触れ、地上波テレビがまだまだ楽しく面白いものになる可能性を感じました。そして「日本放送作家名鑑」という新たなアイデアが、その一助を担うものになるかもしれません。

(Kikka)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評