ニュース
» 2019年06月06日 17時29分 公開

『幼稚園』7月号、異例の緊急重版 付録の「セブンティーンアイス」自販機が大人気

小学館「創刊以来初の快挙」。

[ねとらぼ]

 付録の「セブンティーンアイス」自販機がネットで注目を浴びている、幼児誌『幼稚園』(小学館)7月号が、発売5日目にして重版が決定しました。小学館は「付録付きの雑誌では異例となる緊急重版で、創刊以来初の快挙です」と発表しています。

付録の「セブンティーンアイス」自販機(左)と『幼稚園』7月号(右)

 6月1日に発売された同号には、江崎グリコとのコラボで「セブンティーンアイス」自販機の紙工作キットが付録になっています。ミニチュアサイズながら、ボタンを押すと紙製のセブンティーンアイスがコロン、と受け取り口から出てくるクオリティの高さがTwitterで話題を呼び、『幼稚園』編集部公式Twitterの動画は9万回以上リツイートされました(レポート記事)。

実際に作ってみた写真(レポート記事




 誌面ではセブンティーンアイスの製造工程を工場の写真やイラストで詳しく解説。「17」という名前の由来や人気のフレーバーランキングなど、さまざまなセブンティーンアイスの情報を紹介しています。価格は980円(税込)で、重版分は6月22日ころ店頭着予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.