ニュース
» 2019年06月07日 18時00分 公開

1000人超のオーディションから主演へ――映画「町田くんの世界」、“ほぼ演技経験ゼロ”の細田佳央太&関水渚が目指すこれからの“世界”

主演級の豪華キャストも集結。

[のとほのか,ねとらぼ]

 安藤ゆきさんの漫画を原作とし、「舟を編む」などの石井裕也さんが監督を務めた映画「町田くんの世界」が、6月7日に公開。優等生風な外見とは裏腹に勉強や運動が苦手だが、人が好きで、他人を思いやる才能はずばぬけている高校生の町田一が、同級生の猪原奈々に出会ったことで、周りを巻き込みながら初めて“分からない感情”と向き合う姿が描かれます。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 ラストシーンも必見 (C) 安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

 岩田剛典さんや高畑充希さん、前田敦子さん、太賀さん、池松壮亮さん、戸田恵梨香さんなど主演級の豪華キャストが出演する中、主演に抜てきされたのは、“演技経験ほぼゼロ”という新人の細田佳央太(ほそだかなた)さんと関水渚(せきみずなぎさ)さん。集客率などを考えると、認知度の高い俳優を起用するのが一部セオリーとなりつつある昨今の映画業界で、異例のキャスティングがされた2人に今の素直な感情を聞いてきました。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 細田さんと関水さん

―― 1000人超のオーディションから主演に決まったと知ったときの最初の感情はなんでしたか?

細田佳央太さん: 最後のオーディションで、関水さんと一緒に演技をして、そのときに石井監督から「(主演は2人が)いいんじゃない」と伝えられて……突然のことだったのでうまく飲み込めなかったです。徐々に落ち着いて、決まったんだって実感してからはすごくうれしかったです。

関水渚さん: そのときのオーディションでは、台本をたくさんいただいていて、細田くんと何シーンか演技する予定だったんですけど、ワンシーンしかやっていないのに「いいんじゃない」と言われたので、私は「“もうこれ以上やらなくて”いいんじゃない」という風に受け取って焦ってしまったんです。でも、そうじゃないって分かったときは、びっくりしました。うれしかったのと同時に、自分で本当に大丈夫なのかと不安になりました。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 2人の甘酸っぱい恋模様も描かれます (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

―― スポーツや勉強も苦手だけど、人からは愛される“普通の高校生”町田くんを演じるにあたって苦労したことはありますか?

細田: 最初、台本を読んだときに“町田くん”という役が難しくて分からなかったんです。撮影が始まる前に数カ月リハーサルの期間があって、そのときに石井監督から「こんなに優しくて全人類を家族だと思っている子なんていないじゃん、そのぐらい優しいっていうことは、彼は神様なんだよ」っていう共通ワードを与えて頂いて、そこから町田くんというキャラクターを演じやすくなりました。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 全人類に優しい町田くんを熱演

―― 人嫌いな猪原さんが、町田くんへ恋心を抱く内に心を開いていく姿が印象的でした。役作りなどはされましたか?

関水: お芝居は初めてだったので、取りあえず思いっきり自分の考えた通りにやってみるというのができなかったんです。それを見かねた監督が、「振り切らなきゃダメ。取りあえず思いっきり笑ってみて」と思いっきりやることの練習を教えてくれて、そこから始まった感じでした。あと、「舞ってみて」と言われて、細田くんと監督の前で即興ダンスを踊ったりしました

 そのときは思いっきりやることが難しくて、恥ずかしかったんですけど、今思うとあの練習があったから、思いっきりやるということを意識してできんじゃないかと思います。これからも監督の前で舞った経験を忘れないようにしようと思います(笑)。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 初めての演技に全力だったという関水さん

―― 演技経験ほぼゼロという中で、共演者は豪華なメンバーが勢ぞろいしています。印象はどうでしたか?

細田: 自分たちのことでいっぱいいっぱいで、キャストの方々とお話するっていうのができない状態で……。でも皆さんすごく優しくて、岩田さんや太賀さんが「学校どうなの?」とか話し掛けてくださったりして、緊張の糸をほぐしていただきました。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 共演者の岩田さん (C) 安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 太賀さんと (C) 安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

関水: 私もかなりいっぱいいっぱいでした。細田くんとも話さなかったくらい余裕がなかったです。でも皆さん本当にお芝居だけじゃなく、性格も素晴らしくて、気遣ってお話ししてくださいました。私、前田さんがAKB48のときからの憧れの人で、会えただけでもすごくうれしかったんですけど、友達同士という役柄同様にラフな空気感でたくさん話してくれました。日に焼けやすいという話をしたら、翌日日焼け止めをプレゼントしてくださいました。あと、もともとお2人の仲が良かった前田さんと高畑さんとの3人のシーンがあったんですが、私も仲間に混ぜてくださって、うれしかったです。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 ほぼ初めての演技に全力で取り組んだ2人 (C) 安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人 3人のシーンの“裏側”ではガールズトークが (C) 安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

―― 2人にとって「町田くんの世界」は大きな財産となりそうですね。そもそもお芝居に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか

細田: 僕は別の作品に出た時に、マネージャーさんからお芝居のことでここがダメだったとアドバイスを言われるようになってから、「難しいけど、これができたらいいな」っていう考え方をするようになって、お芝居っていうことに興味がで始めました。

関水: 芸能界に入るきっかけになりますが、石原さとみさんがドラマ「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ系)に出ているのを見たときに、すごく魅力的だなと思ったんです。役柄もすてきでしたし、さとみさんがすごくキラキラしていて、私もさとみさんの様になりたいと思ったのがきっかけです。

―― 細田さんは現在17歳、関水さんは現在20歳(4月取材時)、これからどんな俳優、女優になりたいですか? 2人が見ている世界を教えてください

細田: 「町田くんの世界」が自分にとって大きな基盤になったので、そこで学んだことをいかしながら、ジャンルは絞らないで、いろんな役や作品に挑戦していきたいです。

関水: 私、やりたいことがいっぱいあるんです。まず、石井監督の作品にまた出たいなって思います。そして、テレビドラマが大好きなので、連続ドラマに出たいです。あとはバラエティーにも出てみたいです。

―― 最後に、劇中で町田くんが初めての感情を知って“好きって何?”と悩んでいましたが、2人にとって“好き”って何だと思いますか?

細田: 何だろう、生きていく上でなきゃいけないものなのかな。そこを失っちゃったら人間じゃなくなっちゃう気がします。食べたり寝たりっていうのは違って、人間の心の問題な気がするので、人間らしく生きるために好きという感情が必要なんじゃないかなって思います。

関水: コントロールできないものだと思います。ものでも人でも。好きな友達とかすきなこと、ものがあると思うんですけど、好きになろうと思ってなったわけじゃなくて、自然とそうなってしまう。逆らえない、自分ではどうしようもないものなんじゃないかなと思います。

町田くんの世界 細田佳央太 関水渚 新人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.