ニュース
» 2019年06月07日 17時30分 公開

うぉぉ、伝説の珍車「ステルビオ」も来るぞぉぉ!!「日産カスタムカーの総本山」が初の一般公開、6月16日 (1/2)

オーテック&NISMOカスタム車をガッと集めた珍しい商談会イベントです。

[鈴木伊玖馬, 編集部,ねとらぼ]

 日産グループの関連会社オーテックジャパン(以下、オーテック)が、神奈川県茅ヶ崎市の本社で初の日産車大型商談会「日産車フェア in オーテックジャパン」を2019年6月16日に開催します。

エクストレイル「AUTECH」 日産カスタムカーの総本山とうたうオーテック本社で初開催する「日産車フェア in オーテックジャパン」(2019年6月16日 10時〜15時)

 日産車フェアは、日産自動車や販社各社が合同参加するオーテック主催の一般ユーザー向け商談会。当日は日産車の標準モデルに加えて、日産の二大サブブランドがチューニングした「オーテック」及び「NISMO」グレードのモデルが勢ぞろいします。街のディーラーではあまり見られないオーテック&NISMOモデルの実物一気見比べ&乗り比べができてしまう貴重な機会です。

エクストレイル「AUTECH」 湘南ブルーの「エクストレイル AUTECH」

 この他、NV350のバイクトランポ仕様やパラメディック(高規格準拠救急車)、車いす乗車対応などの特定用途向け特装車両から、「ザガートステルビオ」(1989年)、「マーチ ボレロA30」(2016年/オーテック30周年限定車)、「A-10」(1986年/ラシーンベースのオーテック10周年記念車)、スーパーGTレースカー「MOTUL AUTECH GT-R」などのヘリテージカーも展示予定。「AUTECHレースクイーンさん」も来場し、撮影会が行われます。

 ……ス、ステルビオ!?!? それはイタリアのカロッツェリア・ザガートと共同開発したというバブル期の伝説車。ベース車は3リッターVGエンジン搭載のレパードながら、当時のメルセデス・ベンツ 560SELよりも高い車両価格(1870万円!)、そして「これがホントのフェンダーミラーぁぁ!」という驚きの珍装備と近未来風なデザインで話題になりました。会場のオーテック&NISMOモデルとともに、これらのヘリテージカー展示にも注目です。

ステルビオ オーテックが製造した伝説車「ザガートステルビオ」。サイドミラーはボディー(フェンダーのボコッと突き出た場所)に内蔵されていた(写真:オーテックジャパン
展示車両一覧 展示車両一覧(写真:オーテックジャパン


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.