レビュー
» 2019年06月13日 11時55分 公開

度肝を抜かれた2本立て「ストロベリーナイト・サーガ」9話 二階堂ふみ×亀梨和也W主演は原作以上にプラトニック?(1/2 ページ)

斬新な構成は「サザエさん」オマージュ?

[まつもとりえこ,ねとらぼ]

 二階堂ふみ主演 「ストロベリーナイト・サーガ」 (フジテレビ系列・木曜よる10時〜 )の第9話はなんと二本立て。原作の誉田哲也がTwitterでサザエさんネタ(「さぁーて、来週の玲子さんは?」)を呟いていたのはこの「2本立て」演出をほのめかしていたのかしらん。


ストロベリーナイト・サーガ 原作に忠実に、原作以上にプラトニックな玲子(二階堂ふみ)と菊田(亀梨和也)の関係に泣ける イラスト/まつもとりえこ

 前半は第7〜8話(7話レビュー8話レビュー)で描いてきた「インビジブルレイン」の「終章」にあたる部分(姫川玲子シリーズ4作目)。後半は「アンダーカヴァー」(原作は姫川玲子シリーズ7作目『インデックス』収録の同名短編)。玲子が牧田の死を乗り越え、姫川班の解体を乗り越え、刑事・姫川玲子の姿にもどるまでが描かれた。


ストロベリーナイト・サーガ 7話終了時点をイラストで復習。8話のネタバレはありません。この相関図からあの悲劇になるとは!「インビジブルレイン前編」がひと目でわかる相関図 イラスト/まつもとりえこ

姫川班解体

 自分は柳井にとって大切な存在ではなかったのではないか。自分を残して死んでしまった柳井の恋人、内田貴代(永瀬莉子)が玲子に言う。玲子は静かに、だが力強く否定した。柳井が音声データを残した理由は、川上から貴代を守るためだった、「あなたの愛情はちゃんと柳井さんに届いていたんです」と励ます。

 寂しそうな柳井を見て「いっしょな人、見つけた」とシンパシーを感じていた貴代。玲子と牧田が惹かれ合った理由も「同じ匂い」を感じたからだ。自分に似たものを感じて惹かれた人が、自分を守るために死んでしまった、という点で貴代と玲子は似ている。柳井の死を悲しむ貴代を抱き寄せた玲子の目にも涙が浮かぶ。

 事件の真相は牧田の舎弟だった川上の供述で明らかになった。長岡刑事部長(小市慢太郎)は9年前の冤罪を隠し通そうとするが、ベテラン刑事の和田捜査一課長(羽場裕一)はその命令に背き、記者会見で全て公表する。隠蔽を良しとする刑事部長と刺し違える覚悟。「ああいうのをのさばらせちゃ世のためにならない。警察組織にとってもね」という和田の言葉がかっこいい。警察の正義が守られたシーンだった。玲子をレイプ被害から救い、立ち直らせた「警察」という組織。警察には和田のような信頼できる人間がいる。よかった……。

 和田は刑事部幹部だけでこの事件の責任をかぶるつもりだったが、残念ながら玲子たちも無事には済まなかった。姫川班全員に異動命令が下る。玲子は池袋東警察署、保は愛宕西警察署、菊田は千住中央警察署、康平は亀有北警察署(あ、井岡がいる所だ)、葉山は上北沢警察署。菊田が姫川班に配属されてから半年での解体(原作だと2年)。

 W主演ということでドラマオリジナルの恋愛シーンがあるのかなぁと開始前に勝手な予想していたのだが、原作に忠実に、原作以上にプラトニックな関係のまま、玲子と菊田は離れることになる。

 「殉職した大塚のノートを握りしめてる主任を見たとき、俺は決めたんです。この人を支えようって。今も同じ気持ちです。これからも俺は」「菊田」「牧田のことなら……」

 「違うの。これは私自身の問題だから

 「どういうことですか。牧田にあって俺にないものって何ですか

 「菊田にはわからないと思う

 牧田にあって、菊田にないものってなんだ。「同じ匂い」「人を殺したいと思ったこと」だろうか。以前玲子が菊田に言った「菊田は知らない、私の怖いとこ」か。


ストロベリーナイト・サーガ 9話のみどころ。「古畑任三郎」で西園寺刑事を演じた石井正則をもっと見せて イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  7. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  8. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  9. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10