ニュース
» 2019年06月14日 20時00分 公開

「私の城へようこそ」貴族の親子ごっこを仕掛けてくる母の実録漫画 愉快な様子に「楽しそう」「本当に好き」

領地は駐車場。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 漫画家の並庭マチコ(@manga_m)さんがTwitterに投稿した「母の妄想についていけない話」が話題です。お母さんが仕掛けてくる「貴族の親子ごっこ」が楽しそうです。


貴族ごっこ 貴族の親子ごっこを仕掛けてくる母


 豪華なホテルを訪れた際には「私の城へようこそ」と城主のようにふるまったり、散歩に出かけようとした娘に「領地の視察ですか、姫?」と声をかけたり、メルヘンな妄想が止まらないお母さん。


貴族ごっこ シャラランセ母

 はたから見ているぶんには楽しそうですが、作者の並庭マチコさんは「アラサーに姫役はハードルが高い」とイマイチ乗り切れない様子。そんな娘を見かねてか、お母さんは「私、パート先の人に“姫”って呼ばれてるよ」とぶっちゃけます。「姫」と呼ばれたら「他国の姫」と呼び返し、世間話では「領地の近況」が話題になるのだとか。どういう職場?


貴族ごっこ 姫と呼ばれる母

 ところで妄想にたびたび登場する「領地」とはどれくらいの規模感なのでしょうか? 疑問に思った作者は、設定についてお母さんに尋ねます。


貴族ごっこ エアードレス母

 お母さんの返答は「プレハブから駐車場」と、予想に反したリアルな所有地でした。「どうせなら妄想でもっと広いことにしない?」と提案する娘に対し、「それは他国に失礼だから」と高貴な心を説くお母さん。たとえ妄想でも卑しくあってはいけないのですね!


貴族ごっこ 高貴な心を説く母

 漫画に対しTwitterでは「マチコさんのママ、本当に好き」「美しく気高く素晴らしくそしてラジカルでトンチキで素敵ですね!」といった感想が寄せられました。並庭マチコさんのTwitterには、普段からたびたびお母さんが登場(関連記事)。最新の投稿では、貴族から一転して「赤ちゃんプレイしてくるお母さん」も描かれています。



画像提供:並庭マチコ(@manga_m)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた