ニュース
» 2019年06月14日 14時20分 公開

モルゲッソヨ、金色になって宮崎空港で直立 Twitterで「なぜそこに」と衝撃走る

宮崎空港で例年開催されている国際現代彫刻展で展示中。

[ねとらぼ]

 ネットで「モルゲッソヨ」の名で親しまれているアート作品「Bullet Man(弾丸マン)」が、宮崎空港(宮崎県宮崎市)に展示されているとTwitterで注目を集めています。しかもボディがおなじみの銀色ではなく、金色になっている……!

モルゲッソヨ 金 宮崎 金のモルゲッソヨ……(画像提供:@everydayhighlowさん)

モルゲッソヨ 金 宮崎 2008年時のBullet Man(neolook.comより

 「Bullet Man」は韓国のアーティスト、キム・ジヒョンさんが制作している彫刻像シリーズ。頭部がすっぽり弾丸のようなヘルメットに覆われている、直立した男性の裸体……というインパクト抜群な作品です。

 2018年平昌冬季五輪の際、現地プレスセンターの前でこれが3体並んで展示されており、海外記者の間で“謎のオブジェ”として話題に。近くにいたボランティアスタッフたちにオブジェについて尋ねたところ「モルゲッソヨ(知らないです)」と答えた、と東京スポーツが報じたところ、ネット掲示板やSNSで「モルゲッソヨ」のあだ名で大人気となりました(関連記事1)。AA(アスキーアート)やイラストが次々と投稿され、2018年の「ネット流行語大賞」にノミネートされるまでに(関連記事2)。

モルゲッソヨ 金 宮崎 AA化されたモルゲッソヨ

モルゲッソヨ 金 宮崎 CGでノリノリで踊る動画まで作られた(画像提供:@CPUX4さん)

 そのモルゲッソヨが宮崎空港に、しかも金ピカになって来日している。6月13日、発見したTwitterユーザーのYakkunkunさん(@everydayhighlow)が写真とともに「宮崎空港にモルゲッソヨいた」と投稿したところ、「な、なぜ宮崎に?!」「なんで、そこに!!?」「ゴールデンモルゲッソヨ……静かな怒りをもつ超戦士」と驚きの声を集めながら拡散されました。


 同作は、6月9日から23日まで開催中の「30回記念展 2019宮崎国際現代彫刻・空港展」における出展作品「Golden Bullet Man」。キム・ジヒョンさんは宮崎国際現代彫刻・空港展に毎年出品している常連アーティストで、金のモルゲッソヨは今回に合わせた新作でした。なお2018年度はBullet Manを12体並べる「12 Bullet Man」という作品が展示されるなど、シリーズの国内展示は初めてではないそうです。

モルゲッソヨ 金 宮崎 神々しい(画像提供:@everydayhighlowさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ