ニュース
» 2019年06月20日 14時37分 公開

マキタスポーツ、息子が先天性内反足の手術を終えたことを報告 ファンからは安堵の声「早くギプスが取れるといいね」

無事終わって良かった。

[佐藤星生,ねとらぼ]

 4人の子の父であり俳優のマキタスポーツさんが6月19日、双子の“チビB”こと4歳になる息子が先天性内反足の手術を行ったことをInstagramで報告しました。

マキタスポーツ オフィス北野 家族 手術 双子 Instagram 術後、ギプス装着し横たわるチビB(画像はマキタスポーツInstagramから)

 18日に、「明日は頑張れ息子よ!の日」というエントリ名で、チビBが手術を控えていることをブログで明かしていたマキタさん。これまで対症療法は施してきたものの、根本的な治療をするため、この度メスを入れることになったいきさつを明かしつつ、慣れない相部屋での入院生活を送ることに「なんだか憂鬱な気分になる。もっとも一番不安なのは彼なのだろうが」と、心配した様子をつづっていました。

マキタスポーツ オフィス北野 家族 手術 双子 Instagram 生まれた当時の双子ちゃん。かわいい……!(画像はマキタスポーツInstagramから)

 手術は終了したようで、マキタさんは今後の療養生活に向け「頑張れ」とコメントを添え、大きなギプス姿で横たわるチビBの写真をアップ。次の投稿では元気にご飯を食べる姿も公開しており、その様子を「久しぶりのメシ。ムショ帰りの健さんがビールを飲むあのシーンのように」と故高倉健さんが映画「幸福の黄色いハンカチ」で見せた名演技に例え、愛息の“凱旋(がいせん)”に喜びが隠しきれない様子です。不安も飛んでいった!

マキタスポーツ オフィス北野 家族 手術 双子 Instagram 仕事前、双子ちゃんを保育園に連れて行っていることを報告するマキタさん(画像はマキタスポーツオフィシャルブログから)

 ネットでは手術を無事終えた息子の姿にファンから「よくがんばった!立派だぞっ!」「大変だっただろうに!」「しっかり食べて早くギプスが取れるといいね」と安堵の声が寄せられている他、「子供のこの姿はかわいそう」「入院は親にとって辛いものです」と心労重ねたマキタさんを気遣う言葉も散見されました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.