ニュース
» 2019年06月21日 14時57分 公開

「悲しくて悲しくてほんとうに、つらい」 石田ゆり子、預かっていた子猫の死に悲痛な思いを吐露

6日前に石田家へやって来たばかりでした。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 女優の石田ゆり子さんが6月20日、動物病院から一時的に預かっていた子猫の“ばぶお”が死んだことをInstagramで報告。ばぶおの成長を見守っていたファンからは、悲しむ声が相次いでいます。

石田ゆり子 ばぶお 猫 どうなった 逝去 ばぶおの逝去を伝える石田さん(画像は石田ゆり子Instagramから)

 15日に動物病院を訪れた際、ペットショップに売られるためにオークションにかけられていたところ、何らかの理由で保護されていたばぶおと出会い、一時的に自宅で預かることになったと伝えていた石田さん。ばぶおは生後1カ月ほどで、真菌と風邪の治療のためぽつんと隔離されていたようで、「すこしでもゆっくり安心して目をかけてあげられたらなとそんなお節介な気持ちから」完治するまで保護することを明かしていました。

 普段はハニオとタビ、はっち、みっつという4匹の猫と、ゴールデンレトリバーの雪と暮らしていますが、ばぶお専用の部屋を用意し、真菌の治療に時間を費やしていた石田さん。始めこそ、食が細かったばぶおですが、次第に食欲が増し、石田さんも「表情がとても、おだやかに安心した顔になってきました」と回復に向かう姿を伝えていました。

石田ゆり子 ばぶお 猫 どうなった 逝去 保護猫だったはっち、みっつを家族として迎え入れていた石田さん(画像は石田ゆり子Instagramから)

石田ゆり子 ばぶお 猫 どうなった 逝去 元気な頃のばぶお(画像は石田ゆり子Instagramから)

 しかし、急激に体調を崩してしまったようで、ばぶおは19日の午前3時頃に死んだとのこと。石田さんは「あんなちいさな体で最後まで立派でした。悲しくて悲しくてほんとうに、つらいです」と240グラムしかなかった小さなばぶおの最期に悲痛な思いをつづっており、20日には自宅の中庭でお通夜を行い、ひつぎには飼っている猫たちが描かれたポストカードに雪とばぶおの姿を描き足したものを入れ、「みんな待ってるからね。少し休んで帰っておいで」と天国のばぶおへ伝えています。

 突然の悲しい知らせに、ファンからは「最後は人の暖かさや優しさに触れ、幸せだったと思います」とばぶおの人生に思いをはせる言葉や、「はぶおちゃんお疲れ様でした。最後までよく頑張ったよ」と思いを伝える声とともに、「ばぶおみたいな子達が少しでも救われますようにと祈ります」と動物たちの平和な未来を願う声も寄せられています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.