ニュース
» 2019年06月25日 20時00分 公開

天才役者とその代役が、組んだ肩を離すまで 「2人の関係性」を愛するすべての人に野田彩子『ダブル』を読んでほしい(1/4 ページ)

「2人の関係性」が好きな人は全員読んでほしい。【1話試し読みあり】

[不義浦,ねとらぼ]

運命の2人

 野田彩子『ダブル』(ヒーローズ)を読みながら、運命について考えていた。

 お互いがお互いの人生を変えた関係を仮に「運命」と呼ぶなら、鴨島友仁(かもしま・ゆうじん)宝田多家良(たからだ・たから)は間違いなく「運命」の2人だ。今作の主人公となる2人は役者であり、無二の友人でもある。

 このように並列で書くと、2人がいつも並び立って対等に切磋琢磨してきたかのような印象を受けるが、実情としてはもう少し危うく、アンバランスであった。なぜかといえば、多家良が天才だったからである。

野田彩子漫画ダブル 主人公の友仁と多家良

 多家良は友仁の舞台を見て演劇の世界に飛び込んだ。多家良を指導し、演劇論を教え始めた友仁は、すぐに多家良の才能に気が付く。こいつは格が違う。多家良が演じているのは「作品の中の数分間」ではなく、「生まれてから今まで、数えきれないほどの経験をし、数えきれないほどの景色を見てきた一人の人間が、物語に立ち会う数分間」だったのだ。

 そして多家良はいつも、友仁を裏切った。2人で考えた演技プランを、必ず最後に多家良が舞台上でふっと変更する。その裏切りこそが演技を完成させる最後の1ピースであり、友仁は客席で初めて「完成形」を見るのである。友仁は多家良の演技が極まるとき、いつも隣にいない。多家良はへらっと笑って「友仁さんがやった方がよかった」などと言い、この先もずっと二人三脚でいられると信じているのだろうが、友仁はそうは思っていない。

 「多家良の芝居は俺を裏切ることで完成する」「絶望が 裏切りが 多家良を輝かせる」「多家良は 世界一の役者に なるだろう」……友仁は噛みしめている。多家良の光に焼かれながら、自分にしかわからない絶望を。

野田彩子漫画ダブル 2人で考えた演技を多家良が更新し、舞台が完成する
野田彩子漫画ダブル 友仁は多家良にどうしようもない気持ちを抱いていた

 絶望した友仁は、どうしたか? 演劇をやめることを考えた? 「俺とあいつは違う」と逆張りに走り始めた? いや、どちらも違う。

 かわりに多家良の汚れた部屋を掃除し始めた。多家良のスケジュールを管理し始めた。文字の脚本では覚えられない多家良のために台本の読み聞かせを始めた。多家良が別のオファーで出席できなくなった稽古に、代役として参加するようになった。「俺はあいつになんでもしてやろうと決めた」……裏表紙に書かれたこの文言に象徴されているように、友仁は多家良を献身的に支え始めたのだ。自分が打ちのめされた多家良の才能を、世界に知らしめるために。

多家良のスターダム、友仁の決意

 願いは少しずつ叶い始める。ある日、多家良にある芸能事務所から声がかかった。朝起こすのも、現場への付き添いも、これからは友仁ではなく冷田さんというマネージャーがやってくれるのだという。「売れたいとかそんなに思わない」「友仁さんがやってくれるから困らない」と渋る多家良に、友仁は強い口調で契約を交わすよう背中を押した。友仁は「ただ俺は多家良に世界一の役者になってほしいだけです」と言う。偽りのない本心だ。目標のためには必ず事務所が必要になる。

野田彩子漫画ダブル 多家良に「世界一の役者」になってほしいと望む友仁

 それでも心臓は痛かった。友仁は、本当は2人で並び立ちたかったのだ。舞台の上で、2人の「世界一の役者」として、対等に。この願いを捨てずに生きるためには、多家良の手を離さねばならなかった。友仁もどうしようもなく、役者であることをやめられない。スターダムを駆け上がるであろう多家良を、友仁は1人見送ることに決めた。

野田彩子漫画ダブル 友仁も1人の「役者」である

 役者として生きることと多家良に寄り添うことの矛盾に気が付いている友仁と、いまだに友仁を「目標」と呼び、友仁に素直で深い信愛を寄せ続ける多家良。この2人こそが、「ダブル」である。全ては危ういバランスで成り立っている。友仁が口にすることを避けた何かが、多家良が気づかねばならなかった何かが、最初から存在していた関係のひずみにふっと力をかける。これがどうしようもなく、悲しくて寂しくて不安で、それでいていとおしい。

 小さな劇場で身を寄せ合って笑いながら暮らしてきた2人の「これまで」と、やがて大きな成功につながっているとわかる道が1筋だけ光る「これから」が浮かび上がってくる。残酷な岐路だ。これから2人は、どこかで離別を迎えるのだろう。ずっと組んできた肩を、どんなふうにほどくのか。読者は友仁と多家良の選択を覚悟を持って見届けるよう、静かに迫られる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」