ニュース
» 2019年06月25日 20時30分 公開

【食レポ】かつやの最終兵器「カレーうどんカツ丼」 意外なほど調和した四位一体のボリュームに圧倒される

開発担当者のコメントもいただきながら、未知との遭遇を体感してきました。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 とんかつ・かつ丼チェーンの「かつや」は6月21日から期間限定で「カレーうどんカツ丼(税込637円)」「カレーうどんカツ定食(税込745円)」を発売しました(関連記事)

 2019年 SUPER HUNGRY SALEの第1弾で、原価率も高いというこのメニューは発売前からSNSで大きな話題に。カレーうどんもカツ丼も好きな筆者としては否が応でも引かれてしまい、発売日に食べに行きました。


カレーうどんカツ丼 パワフル×パワフルなメニュー同士がまさかの融合

炭水化物×炭水化物の衝撃

 かつや店頭には「カレーうどんカツ丼」の発売を知らせるポスターがあり、珍しげに眺める通行人の姿も。いよいよ入店し「カレーうどん×チキンカツ丼」という未知との遭遇をいよいよ果たすときが来ました。


カレーうどんカツ丼 店頭でSUPER HUNGRY SALEを知らせるかつや

カレーうどんカツ丼 カレーうどんカツ丼?

 そして件のメニューを注文。気持ちを高ぶらせながら待っていると、ついにうわさのメニューが姿をあらわしたのです。


カレーうどんカツ丼 とうとう姿をあらわした

カレーうどんカツ丼 えたいの知れない迫力を感じる

 これまでの食体験ではあまり見たことのないビジュアル。カレーはルータイプではなく、キーマカレーソースでうどんにまんべんなくかかっています。その下にまだ姿は見えませんが、何やら“ごはん”のただならぬ気配を感じます。


カレーうどんカツ丼 カツも通常のサイズで載っている

カレーうどんカツ丼 うどんもこのとおり、どっさり

 登場からなかなかの迫力を漂わせるカレーうどんカツ丼、いざ食べ進めていきましょう。


カレーうどんカツ丼 カレーうどんだけ食べてもなかなかの味

カレーうどんカツ丼 カツにもキーマカレーソースがかかっている

 まずは上に載ったうどんをいただくと、キーマカレーソースがほどよいピリ辛さで舌を刺激します。同じくソースのかかったカレー味のカツを頬張ると、カツ本来の香ばしさとカレー風味が相成ってなかなかの味わいです。

 開発担当者によるとカレーソースのハッキリとした風味は、それぞれの食材の間で埋没しないようにこだわって味付けをしたのだとか。

 なおうどんの量は半玉ほどだそうですが、これだけでもけっこうな量を感じます。


カレーうどんカツ丼 このネギが決め手

 この丼、ネギが全体を覆うほどにたくさんかかっているので、ネギの香ばしい辛味を常に感じながらいただけます。カレーとうどんとカツ、それぞれをうっすらつなぐ役割も果たしている印象。


とうとうごはんに到達

 さて、ごはんはどこにあるのか……それは、うどんをどんどん食べ進めていった結果、その底にありました。通常のカツ丼と同じたっぷりのごはん量で、ここから「カレーうどんカツ丼」としての本領が発揮されます。


カレーうどんカツ丼 とうとうごはんに到達した

カレーうどんカツ丼 うどんとごはんを一緒に食べると?

 ここから通常ではまずありえない、「うどん」と「ごはん」を一緒に食べる展開に。その相性は意外にも悪くなく、お互いが一体化して違和感なく食べられます。同じ炭水化物同士、案外仲良くやっているもよう。

 そのあとは「カレーうどん」「カレーがけのカツ丼」「ごはんとカレーうどん」をそれぞれ自然と食べ分けながら食べ進める格好に。

 組み合わせごとに味や食感が変わり、何やら“食の障害物競走”を進んでいるような気になります。楽しい。


カレーうどんカツ丼 食べる組み合わせを考えるのも楽しい

 そうしているうちに、口の中では自然とごはんとうどんとカツが共存することになり、なんだかゴキゲンでお祭り気分の味わいと食感が広がります。これはこれでアリ。


カレーうどんカツ丼 頭をカラッポにしてガツガツ食べるのもいい

 わりと量を食べる男性でもなかなかの食べごたえを感じるこの丼。かなりの満足感とともにおなかが満たされていくころ、ついにどんぶりの底が見えてきます。


カレーうどんカツ丼 かつや特製のカツはやっぱりおいしい

カレーうどんカツ丼 たっぷりボリュームの丼も、終わりが見えてきた

 これを食べたのは、午前9時すぎ。かなりパワフルな量だったため、このあと昼ごはんを抜いても大丈夫でした。なお辛くて量が多いのでお茶をおかわりしたくなるかも。


カレーうどんカツ丼 食べたあとの達成感もなかなか

 未曾有の食体験ができ、大食漢でも満足できて税込637円ならなかなかのコストパフォーマンスと言えるでしょう。

 「カツ×カレー×うどん×ごはん」のバトルロイヤル状態が体験できるこの一品。食べてみると決してゲテモノではなく、しっかりと調和するように味が整えられていて、とてもおいしく仕上げられています。かなりの量があるので、おなかを空かせてから行ってみてください。


カレーうどんカツ丼 カレーうどんカツ定食もなかなかの迫力

 さらにもう一つの限定メニュー「カレーうどんカツ定食」はカツが載ったカレーうどんに加え、別でごはんと豚汁がつきます。

 この2品は6月21日から1ヶ月程度販売され、在庫がなくなり次第終了する予定です。店舗により一部取扱いの無い場合や、価格が異なる場合があるのでご注意ください。


辰井裕紀

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」