ニュース
» 2019年06月27日 00時00分 公開

今日も一日えらかったのう、たくさん頑張ったのじゃろ、って大人も子どもも褒められていい 「世話やきキツネの仙狐さん」12話(1/2 ページ)

甘えるってほんと難しい。

[たまごまご,ねとらぼ]

世話やきキツネの仙狐さん (C)2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

 癒やされたい。肯定されたい。「世話やきキツネの仙狐さん」(原作アニメは、ブラック企業に勤める男性が、神使の狐に何もかも全て癒やされていく、人間全肯定アニメ。優しい空間が覆いかぶさってくる、ある意味現代日本を象徴するような作品です。


世話やきキツネの仙狐さん


何もしてやれておらんではないか……

 体調を崩した中野。まあ毎日サビ残終電帰り、休日なし、となったら身体壊さないほうがおかしいくらいです。仕事の量も一向に減っていないようですし。

 熱にうかされていた彼が見た夢は、ちょっぴり不思議なものでした。


世話やきキツネの仙狐さん あれ、仙狐さん?(3巻)

 「なぜじゃ なぜいつものように起きて頭を撫でてくれんのじゃ…… いやじゃ わらわはまだ主に 何もしてやれておらんではないか……」

 おそらく仙狐さんだと思われますが、もちろんこんな記憶は、二人で生活しはじめてからのものではない。

 1巻の第一尾で仙狐さんは「おぬしの家には恩がある」と語っています。また2巻十五尾では、シロが「センはナカノに先祖の姿を重ねているだけで あなた自身を見てないかもしれないって」と中野に告げたこともあります。

 齢八百の神使の狐、仙狐さん。実のところ中野の先祖との間にどのような関係があったか、具体的には描かれていません。ただこれを見るに、世話をしていたのが中野の先祖側で、仙狐さんは世話される側だったようです。


世話やきキツネの仙狐さん 泣かないで……(3巻)

 中野の先祖目線でしょうか。死の間際、目に入ったのは、今まで一度も見たことがない、泣き崩れる仙狐さんの顔でした。

 この先祖がらみの話は、ざっくりした明るい仙狐さんワールドでは珍しい、謎の部分。なぜ中野が過去の、仙狐さんと先祖のやりとりを見ているかは、現時点ではわかりません。特殊な力的ななにか? 縁的な霊的ななにか?

 でもその理由って、ほんとはどうでもいい。涙を流している仙狐さんがいた、という事実が一番大事だ。


世話やきキツネの仙狐さん しっぽバリア(3巻)

 目を覚ました時、仙狐さんは中野の隣にいました。治癒術を施し、体調を見ていてくれたようです。

 仙狐さんは常日頃、「自分を大切に」と口酸っぱく言い続けています。もっと寝て、休んで、おいしいものを食べて、自分に甘くあれと。でも中野は真面目すぎてそれができない。仕事をやらなければ、という義務感で無理やり身体を動かしているのが現状です。

 頑張ろうとするのは、確かに立派なことだけれども、正しいわけじゃない。身体を壊してしまうことも顧みず働いているけれども、悲しむ人がいるということに、彼はようやく気付かされました。

 精神的に参っている時って、「自分のために」という意識が回らなくなりがちです。頑張らなきゃ、身を削ってやらなきゃ、休むなんて許されない、と。いわゆる社畜体質。こうなると自分の価値を軽視しはじめて、身体を大切にしなくなって、心を壊して……の繰り返し。負のスパイラル。

 心が元気じゃないと、「休みたい!」「遊びたい!」「寝たい!」とそもそもならない。

 中野は仙狐さんが来る前までは、その状態が続いていました。もしその生き方が、そばにいる大切な人が涙を流して悲しむものなら、バランスがおかしいんだ。

 中野「仙狐さんにあんな表情させるわけにはいかないな……」


世話やきキツネの仙狐さん 無事な身体でいるって、実は大変なこと(3巻)

 仙狐さんに口酸っぱく言われても、会社に必死に行き続けていた中野。まあ、責任もあるしね、わかるんだ。でも、今回の仙狐さんの涙(の夢?)を見て、やっと気付きます。働くことも大事だけれども、無事な身体で過ごすことはもっと重要で、意識しないとできない大変なこと。

 「頑張る」「甘える」のさじ加減って、本当に難しい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」