ニュース
» 2019年06月27日 13時01分 公開

『逃げるは恥だが役に立つ』が朗読劇として舞台化決定 梶裕貴、生駒里奈らが日替わりで登場

計16人のキャストが日替わりで4人の登場人物を演じる。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 “逃げ恥”として知られる海野つなみさんの人気漫画『逃げるは恥だが役に立つ』が朗読劇として舞台化されることが6月27日に発表されました。声優の梶裕貴さんや元乃木坂46の生駒里奈さんら、計16人のキャストが日替わりで4人の登場人物たちを演じます。

逃げ恥 朗読劇 舞台 平匡さん みくり 逃げるは恥だが役に立つ ドラマ 『逃げるは恥だが役に立つ』1巻表紙

 2012年から『Kiss』(講談社)で連載中の同作は、森山みくりと津崎平匡が交わした契約結婚を描いたラブコメディー。2016年にテレビドラマ化され、みくり役を女優の新垣結衣さん、平匡役を歌手で俳優の星野源さんが演じ、オープニングで登場人物たちが踊った主題歌「恋」のダンスが大流行するなど社会現象となりました。

 今回、「恋を読む」シリーズの第2弾として朗読劇の舞台化が決定した逃げ恥。5日に渡って4パターン計16人のキャストが出演し、舞台を盛り上げます。平匡役を演じる梶さんは「恋を読む」シリーズの第1弾「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」にも出演しており、「演出や美術含め、とても素敵な世界観の中で行われた朗読劇だったので、今回も非常に楽しみにしています」とコメント。同日に森山みくり役を演じる生駒さんは「沢山の方々に呼ばれ愛される作品に携われる事がとても嬉しいです」と喜びを語り、「ご来場くださった皆様に楽しかった! を沢山与えられる様に作って行きたいと思います!!」と熱意を伝えています。

逃げ恥 朗読劇 舞台 荒木宏文 妃海風 石川界人 友近 10月2日のキャスト。左から荒木宏文さん、妃海風さん、石川界人さん、友近さん
逃げ恥 朗読劇 舞台 細谷佳正 咲妃みゆ 木村達成 壮一帆 10月3日のキャスト。左から細谷佳正さん、咲妃みゆさん、木村達成さん、壮一帆さん


逃げ恥 朗読劇 舞台 梶裕貴 生駒里奈 有澤樟太郎 濱田めぐみ 10月4日、5日のキャスト。左から梶裕貴さん、生駒里奈さん、有澤樟太郎さん、濱田めぐみさん
逃げ恥 朗読劇 舞台 吉沢悠 内田真礼 斉藤壮馬 朴璐美 10月6日のキャスト。左から吉沢悠さん、内田真礼さん、斉藤壮馬さん、朴璐美さん


 他に、平匡役には荒木宏文さん、細谷佳正さん、吉沢悠さん、みくり役には妃海風さん、咲妃みゆさん、内田真礼さんがキャスティングされており、ドラマ版では大谷亮平さんが演じていた風見涼太役は石川界人さん、木村達成さん、有澤樟太郎さん、斉藤壮馬さんが担当。石田ゆり子さんが演じていた土屋百合役は友近さん、壮一帆さん、濱田めぐみさん、朴璐美さんが担当します。

 舞台は10月2日から10月6日まで、ヒューリックホール東京での公演を予定。チケットはオフィシャル抽選先行が7月16日12時から、一般前売りはローソンで8月10日からの予定です。

梶裕貴さんのコメント

「恋を読む」シリーズ、二作品目の参加です。

演出や美術含め、とても素敵な世界観の中で行われた朗読劇だったので、今回も非常に楽しみにしています。

錚々たる共演者の皆さんと一緒に、楽しくお芝居できたらなと思っております。



生駒里奈さんさんのコメント

今回、「逃げ恥」と沢山の方々に呼ばれ愛される作品に携われる事がとても嬉しいです。朗読劇は 2 回目の出演ですが、人間は普段、生まれた時から口を使い言葉というものでコミュニケーションを取っていて、私も人前で話す機会が多いのですが、お芝居!となるとこんなにも難しいのかと、日々葛藤しながら向き合っています。

ご来場くださった皆様に楽しかった! を沢山与えられる様に作って行きたいと思います!!

ワクワクしながら幕が上がるのを待っていて下さいね!!



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.