ニュース
» 2019年06月28日 16時02分 公開

昭和の名優、高島忠夫さんが死去 息子2人がコメント寄せる

88歳でした。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 映画やミュージカル、テレビ番組の司会など幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしまただお)さんが6月26日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。妻の寿美花代さんの意向により、6月27日に家族のみで密葬を執り行ったとのことです。

高島忠夫 死去 老衰 88歳 高嶋政宏 高嶋政伸 高島忠夫さんが亡くなる(画像は東宝芸能オフィシャルサイトから)

 所属事務所の東宝芸能が27日に発表した内容によると、高島さんは老衰のため、6月26日13時01分に自宅で永眠。

 父の訃報に関し、息子である高嶋政宏さん、高嶋政伸さんはコメントを発表。「最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです」(高嶋政宏さん)、「最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました」(高嶋政伸さん)と故人をしのんでいます。

 なお、通夜/葬儀告別式は、寿美さんの「最期は家族で見送りたい」という希望により、6月27日に家族のみで密葬を執り行ったとしており、お別れ会などの開催の予定はないとしています。

高島忠夫 死去 老衰 88歳 高嶋政宏 高嶋政伸 2人の息子もコメント発表(画像は高嶋政宏Instagramから)

 高島さんは、旧制中学時代から音楽や映画に熱中し、ジャズミュージシャンとして活動。関西学院大学法学部在学中の1951年に新東宝映画第1期ニューフェースとなり、1952年に映画「恋の応援団長」でデビュー。スマートな容姿と温和な雰囲気を生かし、映画「坊ちゃん」シリーズなど多くの青春コメディー映画に出演しました。

 新東宝を離れて東宝に移籍してからは、日本初のブロードウェーミュージカルとして上演された「マイ・フェア・レディ」の主役を演じた他、テレビでの司会業にも進出。料理番組「ごちそうさま」やクイズ番組「クイズ・ドレミファドン!」の他、「ゴールデン洋画劇場」での映画解説などで人気を博しました。

 私生活では、1963年に寿美花代さんと結婚。芸能界一のおしどり夫婦として知られる2人は3子を設け、高嶋政宏さん、高嶋政伸さん兄弟はそろって俳優に。「高島ファミリー」として注目されました。一方で、後年は糖尿病やうつ病、パーキンソン病などを患い、闘病生活を送っていました。

高島政宏さんコメント全文

病院からの、あと5分後にご家族集まってください! のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数ヶ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。

マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました。


高嶋政伸さんコメント

父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。

このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。心より感謝を申し上げます。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.