コラム
» 2019年07月19日 12時30分 公開

【よく考えるとヘンテコな言葉】天文学的に考えると「期待の新星」が全く期待できない理由 (4/4)

[てんもんたまご,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       


答え:オリオン座のベテルギウス

 オリオン座のベテルギウスは「赤色巨星とよばれる星の晩年の姿をしていて」「太陽20倍もの重さがあり」「さらには不安定」という理由から、“もうすぐ”超新星爆発を起こすといわれています。もしもベテルギウスが超新星爆発をしたら、しばらくは半月ほどの明るさになり、昼間でも見えるようになるそうです。

 しかし天文学的な“もうすぐ”は明日なのか、1000年後なのか定かではなく、私たちが生きているうちに見られるかどうか……。ある意味、「期待の超新星」といえるかもしれません。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.