ニュース
» 2019年07月04日 15時00分 公開

ベンツのEVついに出る! メルセデス・ベンツ、初のEV「EQC」発表 価格は1080万円から (1/2)

400キロ走行可能、Web商談で限定モデルを先行販売。【写真20枚】

[ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツ日本は7月4日、同ブランド初の100%電気自動車(EV)「EQC」を発表しました。価格は1080万円(2019年10月1日以降の登録になるため、価格は消費税10%で算出 以下同)からです。

メルセデス・ベンツ EQC メルセデス・ベンツ EQC(写真:メルセデス・ベンツ)

 EQCは、メルセデス・ベンツブランドの市販EV第1弾として満を持して市場投入する戦略的EVです。次期モデルからEV専門ブランドになる小型車ブランド「スマート」(関連記事)も含め、2022年までに10車種のEVを投入する計画を明らかにしています。

 SUV(スポーツタイプ多目的車)とSUVクーペの中間とする「クロスオーバーSUV」スタイルのボディーに、容量80kWhのリチウムイオンバッテリーと2基のモーターを備えます。総合出力408馬力(300kW)、最大トルク765Nm(約78.0kgf-m)の強力なパワーを発生し、静止から時速100キロまで5.1秒(本国仕様)で加速するスポーツカー並みの走行性能を実現します。1回の充電で走行できる航続距離は約400キロ(WLTCモード)です。

メルセデス・ベンツ EQC 前後2モーター仕様で、400キロ(WLTCモード)走行可能とする容量80kWhのリチウムイオンバッテリーを備える

 モーターは前後アクスルに1基ずつ備え、前後のトルク配分を動的に調整する高度な車体制御が可能。また低負荷走行時はフロントモーターのみを使うことで同時に効率化も図ります。標準の「コンフォート」、効率重視で電力消費量を抑える「エコ」、EVならではの鋭い性能を解き放つ「スポーツ」、カスタマイズモード「インディビジュアル」と、走行、サスペンション、ステアリング特性が異なり、ドライバーの好みや気分に応じてカスタマイズできるドライブモードを用意します。

メルセデス・ベンツ EQC 24時間緊急通報サービスや遠隔車両操作などが行えるコネクテッド機能「Mercedes me connect」や、「ヘイ、メルセデス」と呼びかけて操作できる新型インフォテインメントシステム「MBUX」などの先進機能も搭載
メルセデス・ベンツ EQC EQC リアビュー

 車体サイズは4761(全長)×1884(幅)×1624(高さ)ミリ、ホイールベースは2873ミリ。バッテリーは、6kW(200V/30A)までの家庭用交流(AC)普通充電と、50kWまでのCHAdeMO規格に準じた直流(DC)急速充電に対応します。

 併せて、全国2万1000基(2019年7月時点)の充電サービス利用料1年間無料、10万円までの家庭用充電設備工事費用サポートといった購入者向け特典も設けます。

メルセデス・ベンツ EQC 家庭用交流(AC)普通充電と、高速道路などに設置されたCHAdeMO規格に準じた50kWまでの直流(DC)急速充電に対応
メルセデス・ベンツ EQC ラインアップと価格

 無償のメンテナンスプログラム「EQケア」を全車標準設定するのも日本市場向けのポイントです。8年または16万キロ以内でのバッテリー劣化時保証(バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合)を用意し、「初のEVで不安」とする層に向けた特典を手厚くしました。

 ラインアップは通常モデルの「400 4MATIC」と、発表記念の55台限定特別仕様車「Edition 1886」の2モデル。400 4MATICは1080万円からで2020年春の納車予定、 Edition 1886は1200万円からで、少し早い2019年10月以降の納車予定。EQC Edition 1886は2019年7月18日11時から、先行してWeb商談を受け付けます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.