ニュース
» 2019年07月04日 15時00分 公開

ベンツのEVついに出る! メルセデス・ベンツ、初のEV「EQC」発表 価格は1080万円から(1/2 ページ)

400キロ走行可能、Web商談で限定モデルを先行販売。【写真20枚】

[ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツ日本は7月4日、同ブランド初の100%電気自動車(EV)「EQC」を発表しました。価格は1080万円(2019年10月1日以降の登録になるため、価格は消費税10%で算出 以下同)からです。

メルセデス・ベンツ EQC メルセデス・ベンツ EQC(写真:メルセデス・ベンツ)

 EQCは、メルセデス・ベンツブランドの市販EV第1弾として満を持して市場投入する戦略的EVです。次期モデルからEV専門ブランドになる小型車ブランド「スマート」(関連記事)も含め、2022年までに10車種のEVを投入する計画を明らかにしています。

 SUV(スポーツタイプ多目的車)とSUVクーペの中間とする「クロスオーバーSUV」スタイルのボディーに、容量80kWhのリチウムイオンバッテリーと2基のモーターを備えます。総合出力408馬力(300kW)、最大トルク765Nm(約78.0kgf-m)の強力なパワーを発生し、静止から時速100キロまで5.1秒(本国仕様)で加速するスポーツカー並みの走行性能を実現します。1回の充電で走行できる航続距離は約400キロ(WLTCモード)です。

メルセデス・ベンツ EQC 前後2モーター仕様で、400キロ(WLTCモード)走行可能とする容量80kWhのリチウムイオンバッテリーを備える

 モーターは前後アクスルに1基ずつ備え、前後のトルク配分を動的に調整する高度な車体制御が可能。また低負荷走行時はフロントモーターのみを使うことで同時に効率化も図ります。標準の「コンフォート」、効率重視で電力消費量を抑える「エコ」、EVならではの鋭い性能を解き放つ「スポーツ」、カスタマイズモード「インディビジュアル」と、走行、サスペンション、ステアリング特性が異なり、ドライバーの好みや気分に応じてカスタマイズできるドライブモードを用意します。

メルセデス・ベンツ EQC 24時間緊急通報サービスや遠隔車両操作などが行えるコネクテッド機能「Mercedes me connect」や、「ヘイ、メルセデス」と呼びかけて操作できる新型インフォテインメントシステム「MBUX」などの先進機能も搭載
メルセデス・ベンツ EQC EQC リアビュー

 車体サイズは4761(全長)×1884(幅)×1624(高さ)ミリ、ホイールベースは2873ミリ。バッテリーは、6kW(200V/30A)までの家庭用交流(AC)普通充電と、50kWまでのCHAdeMO規格に準じた直流(DC)急速充電に対応します。

 併せて、全国2万1000基(2019年7月時点)の充電サービス利用料1年間無料、10万円までの家庭用充電設備工事費用サポートといった購入者向け特典も設けます。

メルセデス・ベンツ EQC 家庭用交流(AC)普通充電と、高速道路などに設置されたCHAdeMO規格に準じた50kWまでの直流(DC)急速充電に対応
メルセデス・ベンツ EQC ラインアップと価格

 無償のメンテナンスプログラム「EQケア」を全車標準設定するのも日本市場向けのポイントです。8年または16万キロ以内でのバッテリー劣化時保証(バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合)を用意し、「初のEVで不安」とする層に向けた特典を手厚くしました。

 ラインアップは通常モデルの「400 4MATIC」と、発表記念の55台限定特別仕様車「Edition 1886」の2モデル。400 4MATICは1080万円からで2020年春の納車予定、 Edition 1886は1200万円からで、少し早い2019年10月以降の納車予定。EQC Edition 1886は2019年7月18日11時から、先行してWeb商談を受け付けます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい