ニュース
» 2019年07月09日 11時30分 公開

青いハーブティー「バタフライピー」専門のブランド「molfon -モルフォン-」が誕生 バタフライピーを使ったコスメや雑貨の展開も楽しみ

透明なブルーが魅力的。

[式,ねとらぼ]

 最近、青い紅茶としてSNSなどでも話題となっているフローラルハーブ「バタフライピー」の専門ブランド「molfon -モルフォン-」(以下、molfon)が7月に立ち上がりました。バタフライピーを使ったティーバッグやシロップ、バスソルトなどのオリジナル商品の企画開発、販売のほか、専門店やイベント展開をします。公式サイトは7月中旬公開予定です。

molfon -モルフォン- バタフライピー専門ブランド「molfon -モルフォン-」

 バタフライピーは、タイ原産のマメ科の一年草で、花の形が蝶に似ていることからバタフライピー(和名:蝶豆)と名付けられた植物です。その花弁から抽出されるハーブティーは濃い目のブルーで、レモンなどの酸性と混ざることで紫や赤へ変色する特徴をもっています。他に青いハーブティーとしてマロウブルーもありますが、マロウブルーと違い、温度で色が変化することはありません。(関連記事

 この青色はポリフェノールの一種であるアントシアニン成分によるもので、眼精疲労やアンチエイジング、ヘアケアといった効果も期待されています。

 molfonのブランド名は神秘的な青さから世界一美しい蝶といわれる「モルフォ蝶」に由来し、バタフライピーの青さや美容成分に着目した商品を販売します。

molfon tea ティーバッグ

 無農薬・化学肥料不使用のオリジナルバタフライピーティーで、熱湯を注いで抽出します。ホットティーとして楽しむほか、これからの季節、アイスティーにしたり、ノンアルコールカクテルに使うのも面白そうです。1グラムのティーバッグ8パック入りで1000円(以下、全て税込)です。

molfon -モルフォン- molfon tea ティーバッグ

molfon レモンフレーバーシロップ

 かわいい小瓶に入ったレモンがほんのり香るフレーバーシロップです。180ミリリットル入りで972円です。

molfon -モルフォン- molfon レモンフレーバーシロップ

molfon バタフライピー クリスタルシュガー

 バタフライピーの入ったオリジナルシュガーです。温かいお茶に入れると、バタフライピーの花が開き、蝶が舞うような様子が楽しめるようです。20グラムパック4袋入りで486円。

molfon -モルフォン- molfon バタフライピー クリスタルシュガー

molfon バタフライピー

 乾燥バタフライピー。ポットに入れてハーブティーとして楽しんだり、美しいブルーを活かした料理やスイーツ作りにも利用できます。20グラム入って、1944円です。

molfon -モルフォン- molfon バタフライピー

molfon バタフライピー リラクシング バスソルト

 ヒマラヤ岩塩、ゼラニウム精油を使用したバスソルトにバタフライピーをミックス。お風呂が美しい藍色に染まり、優しい甘い香りが広がるようです。プレゼントにもよさそうですね。価格は450グラム入りで3240円です。

molfon -モルフォン- molfon バタフライピー リラクシング バスソルト

 また、7月1日から9月1日まで江ノ島海岸にて、molfonのバタフライピーを使用したフード、ドリンクを提供する海の家「molfon POPUP BEACH HOUSE in 江ノ島海岸」を営業しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」