ニュース
» 2019年07月09日 21時55分 公開

「ハローキティ? そういえばハロと似て……」 ガンダムとキティちゃんのコラボアニメ「めぐりあい」編公開

アムロとキティ、かみあわない2人の会話に注目。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 4月に始まった「ガンダムvsハローキティ」プロジェクト(関連記事)の、特別PV第2話「めぐりあい」がYouTubeで公開されました。第1話でどういうわけか戦場で出会ってしまった、アムロとキティちゃんの運命は?

動画が取得できませんでした
LINEともだち登録者限定で先行公開されていた第2話が、YouTubeでも公開
動画が取得できませんでした
こちらは第1話「ハローガンダム」。おさらいにどうぞ

ハローガンダム たぶん全ての登場人物と視聴者が「?」ってなってる

 宇宙空間で謎のキュートな何かに出くわしたアムロは、ただただ困惑。相手が「キティ・ホワイト」と名乗れば「ホワイトベースの新型か?」、「『ハローキティ』って聞いたことない?」と聞かれれば「ハロー? ……そういえばハロと似ているような」と、見当違いの返答を繰り返します。


ハローガンダム とりあえず目はだいたい合ってる

 キティちゃんは「本当は戦いたくないんでしょう?」と、みんなで仲良くするよう呼びかけますが、アムロは「もうこの戦いは止められない! 君は遅すぎたんだ」と、ララァめいたセリフで弱音を吐いてしまいます。

 2人がかみ合わない会話を繰り広げているところに、ジオンのモビルスーツが急襲。アムロはすかさず迎撃しますが、ゲルググの放ったビームがキティちゃんへ……と、緊迫したシーンで第2話は終わりました。第3話「愛・戦士」は2020年公開予定とのことですが、どうやってまとまるんだろうこの話。


ハローガンダム ビームを無表情で迎えるキティちゃんがシュール

 同プロジェクトでは、参加者が「ガンダム派」と「ハローキティ派」に別れて、さまざまなイベントで対決する企画が進行中。先だって実施された第1ステージはガンダム派、第2ステージではハローキティ派が勝ち、執筆時点での対戦記録は1対1の引き分けとなっています。

 7月18日からは第3ステージ「SCRAP×ガンダムvsハローキティ謎解きイベント」、7月26日から8月4日までは第4ステージ「プレミアムショップin大阪×ガンダムvsハローキティ」が開催。それぞれ、謎解きの成功者数や、ショップでの特典配布数で勝敗が決まります。


ハローガンダムハローガンダム ガンダムとハローキティで別々の謎解きイベントを催し、クリアーできた人の数で勝負

ハローガンダム 大阪の天王寺ミオに特設ショップが期間限定でオープン。2000円の購入ごとにプレゼントされるオリジナル缶バッジの配布数が勝敗を分けます。こちらはアクリルキーホルダー(全10種/各600円)

ハローガンダム ガンダムとキティちゃんをデザインしたラゲッジタグ(各1400円)

 7月下旬には第5ステージのスタンプラリーが発表され、8月上旬には第6ステージ「ジョルダン乗換案内×ガンダムvsハローキティ」がスタート。「乗換案内」アプリ用の、着せ替えテーマが12月末まで配信されます。


ハローガンダムハローガンダム 2種類の着せ替えテーマを配信。それぞれのダウンロード数で勝敗が決まる

価格は全て税別
(C)創通・サンライズ (C)'76,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する