“メシ”を通して危険な相手を取材する 「ハイパーハードボイルドグルメリポート」と「ウシジマくん」が描く“ヤバいやつらの世界”(3/4 ページ)

» 2019年07月15日 12時00分 公開
[しげるねとらぼ]

「ハイパー」の取材で見つけた、人間の美しさ

――マンネリという点でいえば、「ハイパー」も毎回食べ物の話なので、「またかよ」って思うこともあったのではと思うんですが。

上出: メニューに関しては、似通ってくるところはありますね。ある国ではどこでも同じようなものしか食べてないみたいな。でも番組の主題が飯自体じゃないんで、うまそうであればなんでもいいですね。

真鍋: けっこうすごい環境で作ったものを食べてますけど、抵抗はないんですか?

上出: もともとはすごく抵抗があったんですよ。超潔癖なんで。薬剤師一家でクリーンに育てられて、絶対変なものを食べちゃダメっていう暮らしをしてたんですけど。食えるかどうかに関しては完全にアドレナリンですね。今回もケニアに行ってきて、ナイロビにケニア最大のゴミ山があって、そこで暮らしている青年を見つけたんですよ。そこらじゅう燃えててみんな気管支がおかしくなったり、鉛中毒で体壊したりしてるんですけど。彼らは粉ミルクが入ってた缶を鍋にして、そこに拾ったものとかを入れて煮込んで食ってて、今回はそういうのを食べてます。でも全然、最高にうまいです。


ハイパーハードボイルド 闇金ウシジマくん ケニアのゴミ山 (C)テレビ東京

真鍋: 害ってないんですか?

上出: ちょっとしか食べてないんで。結局脂とか塩分とか、体にいい悪いって量の問題じゃないですか。少し食べるくらいだったらまず大丈夫。でも今回のケニアの青年も「俺たちはタフだ、タフじゃないとここでは生活していけない」って言うんですよ。かっこいいなと。みんな自分の命とか肉体に意識のフォーカスが向いている。彼らはケガしたら死ぬリスクが爆上がりする状態で暮らしています。そういうのをテレビで出したいと思ってますね。僕らと全然違う世界で生きている人たちの、どろっとしてる中での一瞬の美しさだったり、かっこよさみたいなもの、これはウシジマくんにもあると思います。

真鍋: ありがとうございます。

上出: ただケニアから帰って来てから、しばらくは咳が止まらなかったですね(笑)。ゴミ山にいたのは3日くらいだったと思いますが。


ハイパーハードボイルド 闇金ウシジマくん

「取材」でコンプレックスを解消する

――上出さんのご実家が薬剤師というのはびっくりしたんですけど、どのタイミングで吹っ切れたんでしょうか?

上出: 温室育ちがコンプレックスだったんですよ。愛情いっぱいで育った自分がかっこ悪く感じたというぜいたくな悩みです。それで学生時代に軽くグレました。ひどい育ちの中で必然的にグレる奴と、僕みたいに温室育ちで「心配してくれよ」ってグレる奴がいると思うんですよ。

――それはそうですね。

上出: それで不良っぽいこともいろいろやったんですけど、なんで自分はこんなことしてたんだろうっていう思いから大学では少年犯罪とかの研究をしたりして、真っ黒だって言われてる奴は本当に黒いのかなっていう気持ちが今の番組につながってたりします。世の中は白黒はっきりしないだろうというか。吹っ切れたっていうことでいうと、コンプレックスを解消したくていろんなトライをしたんです。中国の山の中に2カ月行ってみたり、ボクシングをやってみたり、アラスカにこもったりとか。潔癖な自分を変えたかったし、弱いのが許せなかった。

――今そのコンプレックスは解消されましたか?

上出: けっこう解消されました。汚い自分でいられるというか、汚い自分が許せる。

――取材の効能というか、取材でそういう環境に飛び込んだから自分の中で意識が変わったんでしょうか?

上出: それもあると思います。だからどんどん番組の内容がひどくなってます(笑)。昔はちょっとやだなと思いながらゴミ山行ったりしてましたけど、もう今は全然平気なんで。

真鍋: 俺も福島に取材に行った時、農家で牛飼ってるとことかだとご飯に蝿がついてたりするんですよ。最初はうわっと思ったんだけど、でも2日目は普通に食ってましたね。

上出: 慣れですよね。多分大丈夫なんですよ、なんだかんだで。僕らなんかパッと行ってパッと帰ってくるんだから、大体のことは大丈夫です。

――取材時に、「これはもう勝ったな」って思うのはどんなときですか?

真鍋: 沖縄のエピソード(※)は上手に料理できたなって思ってます。

※『闇金ウシジマくん』36〜39巻収録の逃亡者くん編。

上出: それは取材してる際に「これはいけるぞ」っていう感触があったんですか?

真鍋: 楽しかったんですよ、自分が。めんどくさいことも多いんですけど、それも含めて掘れば掘るほど面白いっていう。

上出: そこは完全に僕も一緒だと思います。取材してるときに楽しいなとか面白いなっていうことがあったらもうそれで勝ち。あと、僕は映してる人がそのまま主人公になっていくんで、その人のことを好きになれたら勝ちですね。リベリアの娼婦の人とか、もう完全に好きになってました。アンジェリーナ・ジョリーにしか見えなかったですもん。

真鍋: あれはアンジェリーナ・ジョリーですよ!

上出: ジョリーですよね!


ハイパーハードボイルド 闇金ウシジマくん (C)テレビ東京

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評