ニュース
» 2019年07月16日 12時50分 公開

そういえばなんで「ハコスカ」なの? ケンメリ、ジャパンなど、歴代「スカイライン」の愛称が生まれたワケ

当時を知らないと意外と新鮮かも。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 日産自動車が手がけたクルマの中でも、特に長い歴史を持ちファンに愛されてきた「スカイライン」。現行モデルである「スカイライン(V37型)」は17代目となり、初代「プリンス・スカイライン」から数えて60年以上の長い歴史を持つこのクルマには、多くのストーリーがあります。

 3代目の「ハコスカ」や4代目の「ケンメリ」のように愛称で親しまれているモデルもありますが、当時を知る人にとっては何のことはなくても、今聞くと「なぜ?」とピンと来ない人もいるかも。今回は、歴代スカイラインの愛称とその由来を紹介します。

3代目(C10型)「ハコスカ」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 3代目スカイライン(C10型)

 レース直系のスポーツグレード「GT-R」が初めて登場した世代でもある、3代目スカイライン(C10型)の愛称は「ハコスカ」。角ばったボディー形状が由来で分かりやすい名前ですが、実は現役当時に付いた愛称ではありません。次の「ケンメリ」が出てから区別するために、箱型のスカイライン、ハコスカと呼ばれるようになりました。

4代目(C110型)「ケンメリ」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 4代目スカイライン(C110型)

 ハコスカに続いて登場した4代目の「ケンメリ」は、テレビCM「ケンとメリーのスカイライン」シリーズが由来。CMソングもクルマもヒット、社会現象を巻き起こした1台でした。舞台のひとつとなった北海道・美瑛にぽつんと立つポプラの木は今でも観光名所になっています。ちなみに、この愛称から派生して4ドアセダンモデルは「ヨンメリ」とも呼ばれます。

5代目(C210型)「ジャパン」の由来は?

 5代目となるC210型の通称は「ジャパン」。「日本の風土が生んだ名車」「SKYLINE JAPAN」という登場時の広告で使われたキャッチコピーが由来です。なんとも自信ありげなキャッチコピーですが、実は環境規制が強化されたタイミングでの登場であったため、当初はDOHCもターボもなく苦戦。ライバル車種だったトヨタ「セリカ」の広告で「名ばかりのGT達は、道を開ける。」という挑発を受けてしまいます。

 3年後にターボモデルを追加した際には、今度はセリカがフルモデルチェンジ直後でターボモデルのない状況だったため、「今、スカイラインを追うものは誰か」と反撃しています。

6代目(R30型)「鉄仮面」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 6代目スカイライン(R30型)/初出時、画像に誤りがあったため差し替えました(出典:wikipedia

 6代目のR30型は、アメリカの俳優、ポール・ニューマンがCMキャラクターだったことから「ニューマン・スカイライン」と呼ばれましたが、スポーツグレード「RS」の後期型は通称「鉄仮面」という別の愛称が付いています。角ばったボディーに細いライト、グリルレス仕様という無骨な顔付きは、騎士の鉄仮面さながら。見た目は市販車、中身はモンスターマシンのぶっ飛びレース「シルエットフォーミュラ」での活躍でも知られるクルマです。

新型スカイラインでは「400R」が復活!

 各時代で記憶に残るスポーツモデルを送り出してきたスカイライン。2019年秋に登場予定の新型では「400R」が復活します。

 かつての400Rといえば、R33型GT-RをベースにGTマシンと同じ2.8リッターエンジンを搭載、その名の通り400馬力を叩き出すNISMOのコンプリートマシンでした。

 純正の1グレードとして登場する新400Rは3リッターのV6ツインターボエンジン、もちろん期待を裏切らない400馬力仕様で登場します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10