ニュース
» 2019年07月16日 12時50分 公開

そういえばなんで「ハコスカ」なの? ケンメリ、ジャパンなど、歴代「スカイライン」の愛称が生まれたワケ

当時を知らないと意外と新鮮かも。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 日産自動車が手がけたクルマの中でも、特に長い歴史を持ちファンに愛されてきた「スカイライン」。現行モデルである「スカイライン(V37型)」は17代目となり、初代「プリンス・スカイライン」から数えて60年以上の長い歴史を持つこのクルマには、多くのストーリーがあります。

 3代目の「ハコスカ」や4代目の「ケンメリ」のように愛称で親しまれているモデルもありますが、当時を知る人にとっては何のことはなくても、今聞くと「なぜ?」とピンと来ない人もいるかも。今回は、歴代スカイラインの愛称とその由来を紹介します。

3代目(C10型)「ハコスカ」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 3代目スカイライン(C10型)

 レース直系のスポーツグレード「GT-R」が初めて登場した世代でもある、3代目スカイライン(C10型)の愛称は「ハコスカ」。角ばったボディー形状が由来で分かりやすい名前ですが、実は現役当時に付いた愛称ではありません。次の「ケンメリ」が出てから区別するために、箱型のスカイライン、ハコスカと呼ばれるようになりました。

4代目(C110型)「ケンメリ」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 4代目スカイライン(C110型)

 ハコスカに続いて登場した4代目の「ケンメリ」は、テレビCM「ケンとメリーのスカイライン」シリーズが由来。CMソングもクルマもヒット、社会現象を巻き起こした1台でした。舞台のひとつとなった北海道・美瑛にぽつんと立つポプラの木は今でも観光名所になっています。ちなみに、この愛称から派生して4ドアセダンモデルは「ヨンメリ」とも呼ばれます。

5代目(C210型)「ジャパン」の由来は?

 5代目となるC210型の通称は「ジャパン」。「日本の風土が生んだ名車」「SKYLINE JAPAN」という登場時の広告で使われたキャッチコピーが由来です。なんとも自信ありげなキャッチコピーですが、実は環境規制が強化されたタイミングでの登場であったため、当初はDOHCもターボもなく苦戦。ライバル車種だったトヨタ「セリカ」の広告で「名ばかりのGT達は、道を開ける。」という挑発を受けてしまいます。

 3年後にターボモデルを追加した際には、今度はセリカがフルモデルチェンジ直後でターボモデルのない状況だったため、「今、スカイラインを追うものは誰か」と反撃しています。

6代目(R30型)「鉄仮面」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 6代目スカイライン(R30型)/初出時、画像に誤りがあったため差し替えました(出典:wikipedia

 6代目のR30型は、アメリカの俳優、ポール・ニューマンがCMキャラクターだったことから「ニューマン・スカイライン」と呼ばれましたが、スポーツグレード「RS」の後期型は通称「鉄仮面」という別の愛称が付いています。角ばったボディーに細いライト、グリルレス仕様という無骨な顔付きは、騎士の鉄仮面さながら。見た目は市販車、中身はモンスターマシンのぶっ飛びレース「シルエットフォーミュラ」での活躍でも知られるクルマです。

新型スカイラインでは「400R」が復活!

 各時代で記憶に残るスポーツモデルを送り出してきたスカイライン。2019年秋に登場予定の新型では「400R」が復活します。

 かつての400Rといえば、R33型GT-RをベースにGTマシンと同じ2.8リッターエンジンを搭載、その名の通り400馬力を叩き出すNISMOのコンプリートマシンでした。

 純正の1グレードとして登場する新400Rは3リッターのV6ツインターボエンジン、もちろん期待を裏切らない400馬力仕様で登場します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」