ニュース
» 2019年07月16日 12時50分 公開

そういえばなんで「ハコスカ」なの? ケンメリ、ジャパンなど、歴代「スカイライン」の愛称が生まれたワケ

当時を知らないと意外と新鮮かも。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 日産自動車が手がけたクルマの中でも、特に長い歴史を持ちファンに愛されてきた「スカイライン」。現行モデルである「スカイライン(V37型)」は17代目となり、初代「プリンス・スカイライン」から数えて60年以上の長い歴史を持つこのクルマには、多くのストーリーがあります。

 3代目の「ハコスカ」や4代目の「ケンメリ」のように愛称で親しまれているモデルもありますが、当時を知る人にとっては何のことはなくても、今聞くと「なぜ?」とピンと来ない人もいるかも。今回は、歴代スカイラインの愛称とその由来を紹介します。

3代目(C10型)「ハコスカ」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 3代目スカイライン(C10型)

 レース直系のスポーツグレード「GT-R」が初めて登場した世代でもある、3代目スカイライン(C10型)の愛称は「ハコスカ」。角ばったボディー形状が由来で分かりやすい名前ですが、実は現役当時に付いた愛称ではありません。次の「ケンメリ」が出てから区別するために、箱型のスカイライン、ハコスカと呼ばれるようになりました。

4代目(C110型)「ケンメリ」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 4代目スカイライン(C110型)

 ハコスカに続いて登場した4代目の「ケンメリ」は、テレビCM「ケンとメリーのスカイライン」シリーズが由来。CMソングもクルマもヒット、社会現象を巻き起こした1台でした。舞台のひとつとなった北海道・美瑛にぽつんと立つポプラの木は今でも観光名所になっています。ちなみに、この愛称から派生して4ドアセダンモデルは「ヨンメリ」とも呼ばれます。

5代目(C210型)「ジャパン」の由来は?

 5代目となるC210型の通称は「ジャパン」。「日本の風土が生んだ名車」「SKYLINE JAPAN」という登場時の広告で使われたキャッチコピーが由来です。なんとも自信ありげなキャッチコピーですが、実は環境規制が強化されたタイミングでの登場であったため、当初はDOHCもターボもなく苦戦。ライバル車種だったトヨタ「セリカ」の広告で「名ばかりのGT達は、道を開ける。」という挑発を受けてしまいます。

 3年後にターボモデルを追加した際には、今度はセリカがフルモデルチェンジ直後でターボモデルのない状況だったため、「今、スカイラインを追うものは誰か」と反撃しています。

6代目(R30型)「鉄仮面」の由来は?

ハコスカ ケンメリ 由来 6代目スカイライン(R30型)/初出時、画像に誤りがあったため差し替えました(出典:wikipedia

 6代目のR30型は、アメリカの俳優、ポール・ニューマンがCMキャラクターだったことから「ニューマン・スカイライン」と呼ばれましたが、スポーツグレード「RS」の後期型は通称「鉄仮面」という別の愛称が付いています。角ばったボディーに細いライト、グリルレス仕様という無骨な顔付きは、騎士の鉄仮面さながら。見た目は市販車、中身はモンスターマシンのぶっ飛びレース「シルエットフォーミュラ」での活躍でも知られるクルマです。

新型スカイラインでは「400R」が復活!

 各時代で記憶に残るスポーツモデルを送り出してきたスカイライン。2019年秋に登場予定の新型では「400R」が復活します。

 かつての400Rといえば、R33型GT-RをベースにGTマシンと同じ2.8リッターエンジンを搭載、その名の通り400馬力を叩き出すNISMOのコンプリートマシンでした。

 純正の1グレードとして登場する新400Rは3リッターのV6ツインターボエンジン、もちろん期待を裏切らない400馬力仕様で登場します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.