これはガチファンが作った史上最高のコンテンツ……! 欅坂46と日向坂46の音楽ゲームアプリ「ユニゾンエアー」を一足早く体験

このアプリには愛しかないんだ……!

» 2019年07月19日 07時46分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 欅坂46と日向坂46の初となる音楽ゲームアプリがリリースされると、7月18日のSHOWROOM番組内で明かされました。タイトルは「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」。


欅坂46 日向坂46 発表されたゲームアプリ「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」を一足早く体験……!

 開発元は「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」「ロマンシング サガ リ・ユニバース」などの開発元として知られるモバイルゲーム開発会社「アカツキ」。ねとらぼ編集部では、7月7日掲載の記事「正解率10%以下!? 欅坂46・日向坂46の音楽ゲームアプリへつながる“謎解き問題”が難しすぎると話題に」の取材過程でいち早く、アカツキが欅坂46と日向坂46の初となるゲームアプリを開発していると聞きつけ、取材に訪れました。


欅坂46 日向坂46 見て、この指。指の角度。見るたびに「最高かよ」ってなっちゃう

 対応してくださったのは、クリエイターチームからプロデューサー、ディレクター、マーケターの方々4人。4人とも欅坂46と日向坂46の大ファンで、「ねとらぼの欅記事はよく読んでいます!」と笑顔で迎えてくださいました。まずは開発に至るまでの道のりをうかがいます。


欅坂46 日向坂46 正装で出迎えてくださったアカツキの皆さんに“ときめき草”の花が咲きそう

「クリエイター、且つ、ファンが愛を込めて作ったアプリを届けたい」

――欅坂46ファン、日向坂46ファンにとっては、待望の新ゲームアプリです。開発はいつごろからスタートしていたのでしょうか。

プロデューサー(以下、P)1年ほど前から始めました。もともと僕とディレクターは大の欅坂46・けやき坂46(現・日向坂46)ファンで、たまたま運営サイドからゲームアプリに関するご相談をいただいたことが開発のきっかけです。

――音楽ゲームというところがまたファンの心をぐっとつかむと思うのですが、「音楽で行こう」と決めたきっかけはなんだったのでしょうか。

P当初はもう少し違う方向も模索していたのですが、アカツキとしては「音楽のチカラで勇気をくれた欅坂46、日向坂46にゲームのチカラで恩返しがしたい!」という想いが強く、「彼女たちの魅力を最大限に発揮できるゲームは音楽ゲームだ」と、運営の方々とお話をさせていただいておりました。

――本アプリ最大の魅力は何でしょうか。

Pやはり、初解禁のライブ映像を実装しているという点です。欅坂46の「夏の全国アリーナツアー2018」と日向坂46(けやき坂46)の「走り出す瞬間ツアー2018」のライブ映像を中心に展開しており、今後は運営の方々ともお話しながらライブ映像を追加していきたいと考えています。


欅坂46 日向坂46 タイトルを見ただけでよみがえる感動。震える心

欅坂46 日向坂46 手のひらサイズで“気楽に恋”しちゃう……!

――ちょっといじわるな質問なのですが、一部では「アプリの影響で欅坂46や日向坂46の円盤化が見送られているのでは……」と危惧する声もあります。

Pその点に関しては、円盤とはまた違った、“モバイルゲームだからこそできる音楽体験”をファンの方々に提供したいと考えています。ちなみに私たちも円盤化はすごくすごく楽しみにしているんですよ(笑)。

――運営の今野さんにお願いするしかないですね(笑)。

Pよろしくお願いしたいです(笑)。

――今回アプリ内で使用される写真や素材にも、とんでもないこだわりがあると聞きました。

ディレクター(以下、D)まず全体を通して、欅坂46や日向坂46のアーティスト性や世界観を崩さない、ということにかなり力を入れています。例えばアプリに登場するプロフィール写真などは、世界観を作りこんだセットでプロカメラマンが1枚1枚丁寧に撮影しています。

 私たちはメンバーの皆さんにも、ファンの皆さんにも喜んでいただきたいと考えて、細かいディティールも含めてすべてに全力を注いでいます。いわば究極の“ファン心理の延長”です……!

――最高と言わざるを得ない熱量で、早くゲームがプレイしたくなります。今回ライブ映像はもちろん、写真もふんだんに使われているんですよね。

Pはい、すばらしいライブ写真はもちろんのこと、撮り下ろしのオリジナルグラビア写真などが盛りだくさんです。「楽曲はよく聴くけれど、メンバーみんなのことはまだ詳しくない」といった人にも、メンバーの魅力がさらに伝わればうれしいですね。

――最後にタイトルの「ユニゾンエアー」はどんな意味なのでしょうか。

P「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」というタイトルには、私たちが欅坂46と日向坂46からもらった勇気や癒し。そして2グループが放つメッセージを「そして、また誰かに響かせたい」という思いや応援の気持ちが込められています。ファンが愛を込めて作ったアプリを、早く皆さんにお届けしたいです……!


欅坂46 日向坂46 「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」というタイトルに込められた想い。熱い……!


いよいよ緊張の初プレイ。オープニングムービーのエモさに涙腺決壊

 インタビュー後、開発中の「ユニゾンエアー」を少しだけプレイさせていただきました。ここからはあまりネタバレしすぎない範囲で、気づいた点をご紹介します。


欅坂46 日向坂46 初めてプレイするゲームアプリ「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」

 まずアプリを立ち上げた際に見られるムービーのクオリティーとエモさが大爆発。プロデューサーさんによると、このムービーは1度しか見られない仕様だそうなのですが、涙腺決壊注意レベルはかなり高いのでしっかりと目に焼き付けていただきたいです。

プレイヤーはプロデューサー

 アプリを立ち上げただけでも大感動の嵐ですが、いよいよゲームの核心に触れていきましょう。本ゲーム内でプレイヤーは、欅坂46や日向坂46を支えるプロデューサーという立場。メンバーに対して連絡をしたり、事務所内でのやり取りをしたりと、自分が“チーム欅坂”や“チーム日向坂”の一員になれるような没入感があります。

高画質なライブ映像に胸熱

 続いては音楽ゲームアプリについて。初期にプレイできるのは「夏の全国アリーナツアー2018」と「走り出す瞬間ツアー2018」の楽曲で、レベルが上がるごとにプレイできる楽曲が解放されるというシステムが採用されています。

 プレイを開始すると、高画質なライブ映像ライブの高音質音源をバックにノーツ(打鍵対象となるオブジェクト)が流れてくるのでそれをタップしていきます。タイミングよく押せるとポイントがたまっていく他、時折流れるアルファベットが書かれたノーツはポイントが高い設定になっています。


欅坂46 日向坂46 メンバー人気も高い「二人セゾン」。あの感動もよみがえる

欅坂46 日向坂46 ノーツがハマったときの気持ちよさと、ライブ映像のエモさが……!

 曲に合わせてのタップは非常に爽快ですが、驚かされたのが「コール」に合わせたノーツも流れてきたこと。例えば「世界には愛しかない」で恒例の「オーイオイ! オイオイオイオイ!」のタイミングで画面タップできるのは「最高かよ!」という他ありません。これは「ライブでのコールの楽しさをゲーム内で思い出して楽しんでほしい」というディレクターさんの遊び心が反映されているそうで、ファンからも高い支持を得そうです。

ガチャは「欅坂46」と「日向坂46」で完全にすみ分け

 またゲームをクリアしたり、課されたミッションをクリアすることなどで、獲得できる「ジェム」を使うことで、「ガチャ」を回すことも可能になります。


欅坂46 日向坂46 このお写真のクオリティーがすごいんですよ、マジで

 ガチャではさまざまなメンバーのカードを引くことができ、そのカードを使ってデッキを組むことができます。デッキの組み合わせや属性によって得られるポイントに変動があるなど、スマホゲームとしての楽しみもしっかりと味わえるのが特徴です。個人的には「欅坂46」と「日向坂46」でガチャが分けられている点が、それぞれのファンにとって非常に喜ばれるのではと思いました。

ガチファンだからこそのこだわり

 さらにメンバーのカードにはアカツキスタッフのこだわりがつまりまくっています。例えば織田奈那さんのプロフィールカードの背景は“みかん”。小池美波さんのプロフィール背景は“ぺんぎん”と、「分かってる」感が押しつけがましくないレベルで随所にちりばめられているのです。

 この背景については、メンバーにも希望のイメージを取材したうえで反映しているとのことで、土生瑞穂さんや渡邉理佐さんはスタイリッシュなモデル風、守屋茜さんはガーリーとメンバーそれぞれの雰囲気を生かしたデザインとなっています。

 こうしたこだわりについてディレクターさんは、「楽曲が好きだけれど、メンバーのことはまだあまりよく知らない」というファンに対して、「このゲームを通して楽曲はもちろん、メンバーの皆さんのことももっと好きになってほしいんです」と語ります。例えば「『なんで織田奈那さんがみかん?』と思った方が、色々と織田さんについて調べて、三ケ日みかんだったり、静岡だったりたどり着いて興味を持ってくださったら良いな。と思ったりしているので、各メンバーのモチーフをあまり説明しすぎない感じで入れているのはこだわりポイントです」と笑顔を見せていました。またこのほかにもメンバー同士がインタビューしあう貴重な映像や、超スペシャルなシークレット動画も用意されているとのことで、そちらも楽しみです。


欅坂46 日向坂46 「三ケ日みかん」のキーワードがすっと出てくる取材はそうそうない(貴重)

 欅坂46、日向坂46のガチファンが作り上げた史上最高の音楽ゲーム「ユニゾンエアー」。手のひらサイズでライブの感動を味わえる日がもう間もなくやってきます。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」