ニュース
» 2019年07月18日 14時06分 公開

令和初、「仮面ライダーゼロワン」が9月からスタート! 新ライダーに「キカイダーを思い浮かべちゃう」「昆虫っぽいデザインでいい」の声

AI監修には国立情報学研究所が参画。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 令和初となる仮面ライダーシリーズ最新作「仮面ライダーゼロワン」が、9月1日からテレビ朝日系で放送されることになりました。本作はAI(人工知能)がテーマになっており、国立情報学研究所(NII)が企画協力・監修として番組に参加しているのが目を引きます。

仮面ライダーゼロワン 仮面ライダー 令和 9月1日から放送

仮面ライダーゼロワン 仮面ライダー 令和 7月17日に行われた「新仮面ライダー制作発表記者会見」でキャストが登場

 主人公の飛電或人(ひでんあると)はお笑い芸人を目指していたものの、あらゆる職場に進出するAIによって活躍の場を奪われ、急きょ、ヒューマギアのリーディング企業「飛電インテリジェンス」の創業者だった祖父のあとを継ぐことに。一方で、AIの社会進出を良しとしないテロリスト「滅亡迅雷.net」のハッキングによりヒューマギアの暴走事件が発生。或人は「飛電インテリジェンス」の社長のみが手にできる「ゼロワンドライバー」を使いライダーに変身し、テロリストやAIを敵視する内閣官房直属の対人工知能特務機関「A.I.M.S.(エイムズ)」やAIの開発競争や利権をめぐる人間たちと戦うというストーリーです。

 “社長ライダー”の飛電或人を演じるのは、AbemaTV「太陽とオオカミくんには騙されない」に出演した高橋文哉さん、仮面ライダーバルカンに変身するA.I.M.S.の隊長・不破諫(ふわいさむ)役には岡田龍太郎さん。また、仮面ライダーバルキリーに変身するA.I.M.S.の技術顧問、刃 唯阿(やいばゆあ)役は井桁弘恵さんが務め、番組当初から登場する女性ライダーとしてシリーズ初となります。

仮面ライダーゼロワン 仮面ライダー 令和 主人公を演じる高橋さん

 飛電インテリジェンス社長秘書でヒューマギアのイズ役をPopteenの専属モデル“のあにゃん”こと鶴嶋乃愛さん、副社長・福添准役をお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さん、滅亡迅雷.netの行動係・迅(じん)を中川大輔さん、司令塔・滅(ほろび)を砂川脩弥さんが演じます。また、シリーズ通してのナレーションに山寺宏一さん、AIの音声に日高のり子さん(高ははしご高)が出演します。

 令和初となる仮面ライダーのデザインはネットで「メチャクチャ好き!! 古き良きの中にある 未来感のハイブリッド! ネオンイエロー!」「原点回帰なのか昆虫っぽいデザインでいいなあ」など高く評価する声があがっている他、「ゼロワン」といえば同じ石ノ森章太郎さん原作の「キカイダー01」を思い出すオールドファンもいたようで、「バッタモチーフとタイトルのキカイダー要素で石ノ森要素に回帰してる」「ゼロワンつったらキカイダーだろ?」「やっぱりキカイダーを思い浮かべちゃう年代」といった反応も見られました。

仮面ライダーゼロワン 仮面ライダー 令和 かっこいい

(画像提供:テレビ朝日)

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.