ニュース
» 2019年07月21日 11時00分 公開

原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今 (1/2)

「VIPから来ました」というお客さん大歓迎だそうです。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 ラテアートの達人・まっつん(@latte_artist_mk)さんが「ラテアート専門店」をオープンしたというので遊びに行ってきました。まっつんさんは、2011年ごろから「2ちゃんねる」で人気になり(※現在は「5ちゃんねる」)、その後はイベントなどでラテアートを披露する活動を続けています(関連記事)。

 2019年6月にオープンしたラテアート専門店「HATCOFFEE」は、リクエストしたラテアートを目の前で描いてくれるお店。このスタイルの原点は2ちゃんねるにあります。あの頃の活気が懐かしいというまっつんさんに、ラテアートを作ってもらいつつ、当時の思い出を語ってもらいました。

ペンギンの3Dラテアートの写真 ぷるぷる震えるペンギンの3Dラテアート かわいすぎるー

「VIPから来た」というお客さんが来る店

――開店おめでとうございます。お店はいかがですか?

まっつん:ようやく落ち着いてきました。幸いなことに、平日は日によりますが、土日は結構忙しくしています。

――開店して1カ月です。当時、2ちゃんねるを見ていた人の来店はありますか?

まっつん:ちらほらあります。びっくりしますよ。いきなり「VIPから来た」って言われて。“我流ラテアート”は10年近く前の記事だったりしますから。今でも、まとめサイトを見ると残っていますね。

ラテアートをするまっつんさん 客の目の前でラテアートをしてくれるお店なのだ

――当時は“安価”で指定されたラテアートを次々と描いてましたね

まっつん:最初は撮りためたラテアートを投稿しただけでした。そのときに「次は、安価でやってほしい」って言われたので、自分の家にマシンを買って。今はああいう雰囲気ってないですよね。一番いいときにやっていたのかもしれません。

(注)安価とは:自分が次に取る行動を他人に決めてもらう手段。掲示板の書き込み番号をあらかじめ指定し、そこに書かれた内容を実行する。絶対に。

――今は、ネットの雰囲気が変わったと感じますか?

まっつん:今はTwitterやInstagramを利用していますが、すぐにレスが返ってくるライブ感は、2ちゃんねるならではだと思います。ツイキャスとかならライブ感はあるのかもしれないんですけど、2ちゃんねる特有の空気っていうのがありましたね。

2ちゃんねるは“武者修行の場”だった

――あの頃の2ちゃんねるなら活気もあったし、投稿するのも相当に楽しかったのでは

まっつん:きつかったですけどねー。当時はアニメに詳しくなかったので、分からないものばかりでした。ほんとに武者修行でしたね。あそこは。

ITちゃんのラテアートの写真 7年前の取材でも頼んだねとらぼのITちゃんを描いてもらった 「前よりうまくなったって絶対言われたい」というまっつんさん

――どのくらい人が集まっていましたか?

まっつん:かなりねばって、スレッドに3〜4時間張り付いている人もいましたね。安価を取り合う競争の中で採用されたとなると、その人の情熱を感じますし、すごくうれしいですよね。

――そこで、安価に答えているうちに、技術がどんどん向上した感じですか?

まっつん:というのもありますし、ラテアートってメンタルに由来する部分が結構あると思うんですけど、そういう部分が鍛えられたなと。

――鍛えられた結果、お店を開くまでになるというのは、すごいですよね

まっつん:ほんと、自分の部屋で2ちゃんねるに画像をあげていたところからですから。ずっと続けていたこともあるんでしょうけれど、続ける原動力になったのは“2ちゃんねる”です。そのときの人たちに会えるなら、一言一言お礼を言いたいです。来店時には「VIPから来た」って言ってほしいです。当時の話をすごくしたいんですよ。

店内とラテアートの写真 奥に細長いつくりでゆっくりくつろげる 手作りのマフィンもおいしい

 まっつんさんは、2ちゃんねるでの投稿をきっかけに、テレビ番組に呼ばれたり、「実際に飲んでみたい」という声に応えイベントに参加したりと活動が広がっていきました。海外のイベントに呼ばれることもあるそうで、過去に行った国は6カ国。ラテアートは言葉が通じなくても喜んでもらえるパフォーマンスだと感じているそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.