ニュース
» 2019年07月21日 11時00分 公開

原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今(1/2 ページ)

「VIPから来ました」というお客さん大歓迎だそうです。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 ラテアートの達人・まっつん(@latte_artist_mk)さんが「ラテアート専門店」をオープンしたというので遊びに行ってきました。まっつんさんは、2011年ごろから「2ちゃんねる」で人気になり(※現在は「5ちゃんねる」)、その後はイベントなどでラテアートを披露する活動を続けています(関連記事)。

 2019年6月にオープンしたラテアート専門店「HATCOFFEE」は、リクエストしたラテアートを目の前で描いてくれるお店。このスタイルの原点は2ちゃんねるにあります。あの頃の活気が懐かしいというまっつんさんに、ラテアートを作ってもらいつつ、当時の思い出を語ってもらいました。

ペンギンの3Dラテアートの写真 ぷるぷる震えるペンギンの3Dラテアート かわいすぎるー

ペンギンの3Dラテアートを目の前で描いてもらったよ!

「VIPから来た」というお客さんが来る店

――開店おめでとうございます。お店はいかがですか?

まっつん:ようやく落ち着いてきました。幸いなことに、平日は日によりますが、土日は結構忙しくしています。

――開店して1カ月です。当時、2ちゃんねるを見ていた人の来店はありますか?

まっつん:ちらほらあります。びっくりしますよ。いきなり「VIPから来た」って言われて。“我流ラテアート”は10年近く前の記事だったりしますから。今でも、まとめサイトを見ると残っていますね。

ラテアートをするまっつんさん 客の目の前でラテアートをしてくれるお店なのだ

――当時は“安価”で指定されたラテアートを次々と描いてましたね

まっつん:最初は撮りためたラテアートを投稿しただけでした。そのときに「次は、安価でやってほしい」って言われたので、自分の家にマシンを買って。今はああいう雰囲気ってないですよね。一番いいときにやっていたのかもしれません。

(注)安価とは:自分が次に取る行動を他人に決めてもらう手段。掲示板の書き込み番号をあらかじめ指定し、そこに書かれた内容を実行する。絶対に。

――今は、ネットの雰囲気が変わったと感じますか?

まっつん:今はTwitterやInstagramを利用していますが、すぐにレスが返ってくるライブ感は、2ちゃんねるならではだと思います。ツイキャスとかならライブ感はあるのかもしれないんですけど、2ちゃんねる特有の空気っていうのがありましたね。

2ちゃんねるは“武者修行の場”だった

――あの頃の2ちゃんねるなら活気もあったし、投稿するのも相当に楽しかったのでは

まっつん:きつかったですけどねー。当時はアニメに詳しくなかったので、分からないものばかりでした。ほんとに武者修行でしたね。あそこは。

ITちゃんのラテアートの写真 7年前の取材でも頼んだねとらぼのITちゃんを描いてもらった 「前よりうまくなったって絶対言われたい」というまっつんさん

――どのくらい人が集まっていましたか?

まっつん:かなりねばって、スレッドに3〜4時間張り付いている人もいましたね。安価を取り合う競争の中で採用されたとなると、その人の情熱を感じますし、すごくうれしいですよね。

――そこで、安価に答えているうちに、技術がどんどん向上した感じですか?

まっつん:というのもありますし、ラテアートってメンタルに由来する部分が結構あると思うんですけど、そういう部分が鍛えられたなと。

――鍛えられた結果、お店を開くまでになるというのは、すごいですよね

まっつん:ほんと、自分の部屋で2ちゃんねるに画像をあげていたところからですから。ずっと続けていたこともあるんでしょうけれど、続ける原動力になったのは“2ちゃんねる”です。そのときの人たちに会えるなら、一言一言お礼を言いたいです。来店時には「VIPから来た」って言ってほしいです。当時の話をすごくしたいんですよ。

店内とラテアートの写真 奥に細長いつくりでゆっくりくつろげる 手作りのマフィンもおいしい

 まっつんさんは、2ちゃんねるでの投稿をきっかけに、テレビ番組に呼ばれたり、「実際に飲んでみたい」という声に応えイベントに参加したりと活動が広がっていきました。海外のイベントに呼ばれることもあるそうで、過去に行った国は6カ国。ラテアートは言葉が通じなくても喜んでもらえるパフォーマンスだと感じているそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい