ニュース
» 2019年07月21日 20時00分 公開

テクノ化された愛がなくしたもの――「私、あの男を殺すわ」 Lv. 近衛りこ美しいだけの国 ――東京レッドライン(1/3 ページ)

アレキサンドライト――#3。

[鏡征爾,ねとらぼ]
東京レッドライン 近衛りこ 鏡征爾


連載:美しいだけの国 ――東京レッドライン

小説家・鏡征爾による小説とSNSで注目を集めている被写体とのコラボ連載。超環境型人工知能とテクノ人間主義者が世界を操る近未来の東京を舞台に、失われた感情を取り戻そうとするアンドロイドを描く物語。6月の誕生石「アレキサンドライト」から生みだされた擬人化モデルは近衛りこ

前回

始めから見る



 空蝉の身をかへてける木のもとに
 なほ人がらのなつかしきかな

      <『源氏物語』帚木三帖第2帖/紫式部>


「心配するな。どこにも行きはしない」
 それが最後の言葉だった。直後、爆発音が聞こえた。
 遺体は結局、見つからなかった。今ではその顔さえ思いだせない。

 ――思い出せない、はずだった。



I


 告解部屋に、声が響いた。

「最愛の娘が死んだのです」

 鉄柵を握る手が震えている。
 その傷だらけの手が、男の属性をあらわしている。
 明らかに、闇の世界の住人だ。だが、闇の世界の住人というだけで、大切なものが壊れるわけでは決してない。格差社会の最底辺に位置するこの場所では、誰もが何かしらの傷を負っている。
 そしてその傷は、必ずしも醜いものとは限らないのだ。

「娘は婚約間近でした」
 男は語り始めた。
「それにもかかわらず式の前日に失踪したのです」
 翌日、遺体となって発見された。第一発見者は彼女の婚約相手だった。
 メルクリウス社に務める、将来有望な青年だという。
「それはさぞおつらかったでしょう」
 機械的な声で、タイプRが答えた。
「ええ……気づいた時には手遅れでした」
 われわれは、あくまでも聞き役に徹するのが原則だ。
 相談者の苦悩、葛藤、罪悪感……それらを言葉にして聞くことによって、相談者自身が、自然と痛みを浄化することを目的としている。
 典型的なフロイト派のやり方だ。
 精神分析の手法には、主にフロイト派とエリクソン派がある。前者が、受け身で相談者の話を聞くのに対して、後者は相談者に介入することによって、精神の治癒を目指す。だが、ミルトン・エリクソンを創始とするそれは、ある種の才能が要求されるため、定式化が難しく、従って、フロイト派が、現在では圧倒的に主流となる。
 感情を持たないアンドロイドの役割は主に前者だ。
「遅刻は本当につらいですよね」
 とはいえ生後7カ月。ときどきおかしな事を言う。
「ええ。タイミングの遅れは致命的です。もっと早くに気づいてやればよかった」
 だが、告解者の男は気づかないようだ。
「親馬鹿だと思われるかも知れませんが、とても美しい子でした」
「さぞおつらかったでしょう」
「ええ」
「流石につらいですよね」
「え、ええ……」
「流石につらすぎますよね」
「うう……」
 男は泣き始めた。苦悩して告解に来た男を追いつめてどうするのだ。
 僕は背後にあるゲーム機の筐体の電源を入れ、言葉をつないだ。
「人生には取り戻せないものもあります」
「それでも私は取り戻したいのです」


「取り戻す……? どういうことですか?」

東京レッドライン 近衛りこ 鏡征爾


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」