ニュース
» 2019年07月22日 21時00分 公開

「22/7」が2020年1月からテレビアニメ放送開始 秋元康総合プロデュースのデジタルアイドルがアニメ化

4th single「何もしてあげられない」初の手書きアニメーションMVも公開。

[コンタケ,ねとらぼ]

 デジタル声優アイドルグループ「22/7(ナナブンノニジュウニ)」が、2020年1月にテレビアニメ化されます。7月22日にduo MUSIC EXCHANGEで開催された「ナナニジフェス2019」内で発表されました。合わせて、ティーザービジュアルとティーザーPVも公開されています。



22/7 テレビアニメ ティーザービジュアル

22/7 テレビアニメ PVカット

22/7 テレビアニメ

22/7 テレビアニメ

22/7 テレビアニメ

 「22/7」は、秋元康さん総合プロデュース、ソニーミュージックとアニプレックスがタッグを組んだアイドルプロジェクト。クリエイターが手掛けたキャラクターを演じる声優アイドルを募るオーディションで結成され、アーティスト活動、バーチャルキャラクターの進出と多岐にわたる展開を続けています。

 ティーザービジュアルでは、ライブで大勢の観客に囲まれるアイドルの後ろ姿が描かれています。ティーザーPVでは、「アイドルになんかなりたくなかった」「僕には僕の色がある」といった意味深な言葉が並びます。

 また、「ナナニジフェス2019」内で、8月21日にリリースされる4th single「何もしてあげられない」のミュージックビデオも公開されました。maxillaのukiさんが監督を務め、堀口悠紀子さんがアニメーションキャラクターデザインと作画監督を担当。「ONE OK ROCK」のMVやNIKEやNetflixなどのCMを数多く手掛けるクリエイティブチームmaxillaとグラスが制作を手掛けます。ジャケットは3形態ともに堀口悠紀子さん描き下ろしとなります。



22/7 テレビアニメ 「何もしてあげられない」集合写真

22/7 テレビアニメ ジャケット

22/7 テレビアニメ

22/7 テレビアニメ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.