ニュース
» 2019年07月23日 20時00分 公開

あのMINIも電動の時代へ MINI初の市販EV「MINI Cooper SE」登場 (1/2)

EVになってもMINIのアイデンティティは健在です。【写真80枚】

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ドイツのBMWは7月9日、同社の小型車ブランド「MINI」の100%電動車(EV)「MINI Cooper SE」を発表しました。

EV MINI MINI初の電動車「MINI Cooper SE」(写真:BMW、以下同)

 MINIは、かつて英国に存在した自動車会社「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」の小型車「Mini」をモチーフにしたコンパクトカー。現在はBMW傘下で3ドア/5ドアハッチバック型、ルーフが開くコンバーチブル、ステーションワゴンタイプのクラブマン、SUVタイプのクロスオーバーなど、多種多様なモデルをラインアップしています。

 今回登場したMINI Cooper SEはMINI初の量産EVです。3ドアモデルをベースにしたエクステリアには、フロントグリルやリアエプロン、ホイールにクーパーSE専用パーツが使われているだけでなく、ドアミラーなどにイエローのアクセントを入れることでEVであることを表現したとしています。

MINI Cooper SE Cooper SEの専用エクステリアとイエローのアクセントを採用
MINI Cooper SE Cooper SEのインテリア

 インテリアは従来のMINIのデザインを使いつつ、メーターには5.5インチのカラーディスプレイを採用しました。ディスプレイにはバッテリーの充電レベル等の運転に関する情報やナビゲーションなどが表示されます。また、バッテリーをフロア奥の床下に配置することで、ラゲッジスペースの容量は211リットルを確保しており、ショッピングなどの場面でも安心して使えるとしています。

MINI Cooper SE MINIらしいゴーカートフィーリングも実現

 最後に、MINI Cooper SEはMINIのスポーツグレード名でもあるクーパーにふさわしい動力性能も備えます。最高出力135kW(約185馬力)、最大トルクは270Nm。静止状態から時速100キロまでの加速が7.3秒とスポーティーカー並の加速力を持ちます。バッテリーの搭載位置を床下の収めたことで、クーパーSよりも重心が30ミリ低くなり、低重心化を実現したことにより、MINIならではのゴーカートフィーリングも持つとしています。

 バッテリー容量は32.6kWh、航続距離は最長で270キロです。充電は家庭用AC電源とDC急速充電器に対応。50kW出力の急速充電ステーションを使うことで、約35分で80%まで充電が可能です。

 MINI Cooper SEは2019年11月から英国の工場で生産を開始する予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」