ニュース
» 2019年07月23日 20時00分 公開

あのMINIも電動の時代へ MINI初の市販EV「MINI Cooper SE」登場(1/2 ページ)

EVになってもMINIのアイデンティティは健在です。【写真80枚】

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ドイツのBMWは7月9日、同社の小型車ブランド「MINI」の100%電動車(EV)「MINI Cooper SE」を発表しました。

EV MINI MINI初の電動車「MINI Cooper SE」(写真:BMW、以下同)

 MINIは、かつて英国に存在した自動車会社「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」の小型車「Mini」をモチーフにしたコンパクトカー。現在はBMW傘下で3ドア/5ドアハッチバック型、ルーフが開くコンバーチブル、ステーションワゴンタイプのクラブマン、SUVタイプのクロスオーバーなど、多種多様なモデルをラインアップしています。

 今回登場したMINI Cooper SEはMINI初の量産EVです。3ドアモデルをベースにしたエクステリアには、フロントグリルやリアエプロン、ホイールにクーパーSE専用パーツが使われているだけでなく、ドアミラーなどにイエローのアクセントを入れることでEVであることを表現したとしています。

MINI Cooper SE Cooper SEの専用エクステリアとイエローのアクセントを採用
MINI Cooper SE Cooper SEのインテリア

 インテリアは従来のMINIのデザインを使いつつ、メーターには5.5インチのカラーディスプレイを採用しました。ディスプレイにはバッテリーの充電レベル等の運転に関する情報やナビゲーションなどが表示されます。また、バッテリーをフロア奥の床下に配置することで、ラゲッジスペースの容量は211リットルを確保しており、ショッピングなどの場面でも安心して使えるとしています。

MINI Cooper SE MINIらしいゴーカートフィーリングも実現

 最後に、MINI Cooper SEはMINIのスポーツグレード名でもあるクーパーにふさわしい動力性能も備えます。最高出力135kW(約185馬力)、最大トルクは270Nm。静止状態から時速100キロまでの加速が7.3秒とスポーティーカー並の加速力を持ちます。バッテリーの搭載位置を床下の収めたことで、クーパーSよりも重心が30ミリ低くなり、低重心化を実現したことにより、MINIならではのゴーカートフィーリングも持つとしています。

 バッテリー容量は32.6kWh、航続距離は最長で270キロです。充電は家庭用AC電源とDC急速充電器に対応。50kW出力の急速充電ステーションを使うことで、約35分で80%まで充電が可能です。

 MINI Cooper SEは2019年11月から英国の工場で生産を開始する予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」