ニュース
» 2019年07月24日 16時45分 公開

芸歴最長の最年少と“普通のF”、「ミスマガジン」「ミスヤングチャンピオン」のグランプリに

普通じゃないFとは……?

[西尾泰三,ねとらぼ]

 講談社『ヤングマガジン』『週刊少年マガジン』の2誌が合同開催した「ミスマガジン2019」で、17歳の豊田ルナさんがグランプリに輝きました。一方、秋田書店『ヤングチャンピオン』主催の「第10回2019ミスヤングチャンピオン」では、青科まきさんがグランプリを受賞しました。いずれもプラチナムプロダクション所属です。

ミスマガジン2019 豊田ルナ ミスヤングチャンピオン 青科まき 肥川彩愛 普通のFカップ 「ミスマガジン2019」グランプリの豊田ルナさん

 23日に開催された「ミスマガジン2019」グランプリ発表会で、応募総数3023人からグランプリに選出された豊田さん。今回のファイナリスト16人で最年少ながら、5歳から子役として芸能活動を開始しており、芸歴は13年目。プラチナムプロダクションの育成プロジェクト「シブサンプロジェクト」のリーダーを務める傍ら、NHK Eテレ「すイエんサー」にレギュラー出演中です。

 1980年代にスタートし、中断を挟んで2018年に“復活”したミスマガジンは、過去に斉藤由貴さん、細川ふみえさん、山田まりやさん、和希沙也さん、北乃きいさん、倉科カナさんなどを排出してきました。

 豊田さんは、「結果を聞いた時は、信じられなくてすごくびっくりしたのと同時に、応援してくださった皆さんへの感謝と嬉しい気持ちが湧いてきて感情が溢れ出して思わず泣いてしまいました」とグランプリ受賞の喜びを語っており、「女優としてもタレントとしても活躍できる、皆さんの期待に応えられるように一生懸命頑張ります」と今後の展望を述べています。なお、7月29日発売の『ヤングマガジン』では受賞メンバー発表グラビアが掲載予定です。

ミスマガジン2019 豊田ルナ ミスヤングチャンピオン 青科まき 肥川彩愛 普通のFカップミスマガジン2019 豊田ルナ ミスヤングチャンピオン 青科まき 肥川彩愛 普通のFカップ


 一方、『ヤングチャンピオン』が2010年から実施している「ミスヤングチャンピオン」は、グランプリを複数選出する傾向がありますが、今回は青科まきさんと、元NMB48の肥川彩愛さんの2人をグランプリに選出。

 青科さんは、集英社『週刊プレイボーイ』編集部が期間限定で新宿歌舞伎町にオープンしていた「週プレ酒場」で2年間アルバイトスタッフとして働いていたことがあり、アルバイトからミスヤングチャンピオンというシンデレラストーリーを体現しています。

ミスマガジン2019 豊田ルナ ミスヤングチャンピオン 青科まき 肥川彩愛 普通のFカップミスマガジン2019 豊田ルナ ミスヤングチャンピオン 青科まき 肥川彩愛 普通のFカップ 「普通のFカップ」を自称する青科まきさん 撮影/市川広宝 スタイリング/葉月 ヘアメイク/ムロゾノケイト(GiGGLE)


 そうしたバックグラウンドのためか、“普通のFカップ”を自称する青科さんは、「ただのFカップで終わらないように目標達成させていきたいです!」と喜びを語りました。なお、8月中旬開催の『ヤングチャンピオン』主催アイドルフェスで受賞者がお披露目される予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる