ニュース
» 2019年07月28日 11時17分 公開

やっぱり令和でも使いたい! カセットテープに新製品が登場

生涯、現役なもので。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 最近あまり売り場で見かけなくなったものの、いまだ根強い愛好者があちこちにいるカセットテープ。あるときは新型のプレイヤーが開発されたり、またあるときは漫画の広告として無料配布されたりとあらためて価値を見いだされ始めています。そんなカセットテープに、レコード針などを製造するナガオカから新製品が登場しました。商品名は「CT」で、7月22日より販売中。


カセットテープ もう使わなくなったとは言わせない

 カセットテープは昭和から平成中期にかけてよく使われた、磁気テープ型の記録メディア。取り扱いが簡単かつ、耐久性もあるということでさまざまな場所で活用されていました。また、カセットテープといえば「ノーマルポジション」「メタルポジション」「ハイポジション」といった三種類に大きく分かれているのですが、この製品は「ノーマルポジション」を採用。往復10分・20分・60分・90分の4つが販売中で、また、使用後の録音・再生機のメンテナンス用にヘッドクリーナーも用意してあるとのことです。

 同社によると、カセットテープは主にカラオケの練習やCD・ラジオ番組の録音、会議の記録の用途に使われているとのこと。


カセットテープ あえて「ノーマルポジション」を採用

カセットテープ デザインもレトロな感じ

 「CT」の値段は、10分記録できる「CT10」が162円、20分の「CT20」が194円、60分の「CT60」が238円、90分タイプの「CT90」が281円(いずれも税込)となっています。プレイヤーもあたらしくなり、ふたたび需要が高まってきそうなカセットテープ。引退するにはまだまだ早そうです。


カセットテープ 令和になってもまだまだ現役っぽいです

(大里ミチル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.