ニュース
» 2019年07月28日 18時41分 公開

「頑張って生活出来るようにするから一緒におってな!」 エハラマサヒロ、“給料2000円”時代に送った手紙に妻「一生捨てられない」

今では4人の親として奮闘中の2人。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 お笑い芸人のエハラマサヒロさんの妻・江原千鶴さんが7月28日、結婚する前に夫からもらったという置き手紙をブログで公開。この手紙をもらったのは10年以上前のことで、そのころはエハラさんのギャランティーが「給料2千円とかだったような…笑」と明かしています。

エハラマサヒロ 江原千鶴 吉本 手紙 給料2000円 千鶴さんが公開した手紙(画像は江原千鶴オフィシャルブログから)

エハラマサヒロ 江原千鶴 吉本 手紙 給料2000円 家族の集合ショット。今では子ども4人の大家族に(画像はエハラマサヒロInstagramから)

 当時のエハラさんは生活に困っていたそうで、「家賃が払えないから私の1Kの家に引っ越してきて、夜な夜なネタを書く日々でした。頑張ってたなぁ」と千鶴さん。手紙には、「いつも飯とか家の事とか ありがとーな! 色々迷惑かけるけど頑張って生活出来るようにするから一緒におってな!」と千鶴さんを思う言葉がつづられており、千鶴さんは「これだけは捨てられなくて、大事に取ってあります。たぶん一生捨てられないと思います」と思いを明かしています。

エハラマサヒロ 江原千鶴 吉本 手紙 給料2000円 当時、渡辺直美さんら現在では売れっ子お笑い芸人たちが1Kの部屋に集まることも(画像は江原千鶴オフィシャルブログから)

 エハラさんは23日、吉本興業所属のお笑い芸人たちが反社会的勢力関連の闇営業に参加していた問題に関連して、若手の薄給問題にもブログで言及。「あくまで僕自身の偏った考え方です」としながら、「僕は吉本興業がギャラが安いと言うのは別に構わない」「社内のルールに不満があるならばやめればいいんです」と自身の見解を明かしていました。いまでこそ4児の父ですが、こんな苦しい時期があったんですね……。

 妻への思いが詰まった手紙に、ファンからは「素敵なお手紙見せてくださってありがとうございます」と感謝する言葉とともに、「本当に見習いたいご夫婦です」「ご夫婦の温かさも大好きです」と貧困を乗り越えて長年寄り添ってきた2人に憧れるという声も寄せられています。


関連キーワード

手紙 | お笑い芸人 | ブログ | 給料 | 夫婦 | 家族 | 吉本興業


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.