ニュース
» 2019年08月03日 21時00分 公開

モッフモフでフッサフサ 人と話せる鳥・チュンの漫画が何度でもいやされる(1/2 ページ)

チュンまんが新刊が登場!

[神奈川はな,ねとらぼ]

 モフモフでフサフサな鳥・チュンが活躍する『チュンまんが』の第2巻が、6月26日にKADOKAWAから発売されました。

チュンまんが 『チュンまんが(2)』から チュンのヒナ

 チュンは人と会話ができる鳥。パン屋の店番をしたり、花見の場所取りに付き合ってくれたり、さまざまな場面に登場し、出会った人をいやして回ります。

チュンのヒナ

 2巻で目を引くのはチュンのヒナ。モフモフした毛並みがチャーミングなチュンの子どもです。

 ある日、大人のチュンに出会ったヒナ。「ありがたいアドバイスをくれてやろう」という先輩たちに対し、「聴きたいと思ったら、こちらから問いますので結構です」とつれない返事をします。

 カチンときた大人のチュンはヒナを懲らしめることに。両側からヒナを挟み込んでしまいます。フサフサな大人たちに挟まれたヒナはあったかくてウトウト。おしおきのはずが、ごほうびになってしまいました。

チュンまんが 大人のチュンに挟まれるヒナ

 木枯らしが吹く日におじ様と出会ったヒナ。ツツツと歩み寄り、おじ様に寄り添います。自分の行動に照れたのか、「風が強いだけですから!」と力説するヒナ。くっつかれたおじ様はニコニコと幸せそうです。

チュンまんが おじ様に寄り添うヒナ

 子どもたちのグループがヒナを遊びに誘っています。「子どもは荒っぽいのでお断りします」と答えるヒナ。クールな対応のせいか、誘いに来る子どもの数が減っていきます。3日目に一人でやってきた子どもに心を動かされたヒナ。「誠意に応えよう」と言いながら抱っこを許します。

チュンまんが ツンデレ(?)な対応をするヒナ
チュンまんが 令和生まれのヒナと先輩たち

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」