ニュース
» 2019年08月05日 19時35分 公開

公開5周年の復活上映! 劇場版「モーレツ宇宙海賊」がドリパスの企画で甦る

ミニスカ姿の女子高生海賊、2019年に秋葉原で復活か!?

[のざわよしのり,ねとらぼ]

 2014年にキングレコード&ティ・ジョイ配給で公開された劇場用アニメ「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」が、ドリパスでファンからの再上映リクエストを集めています。これは胸アツ。




モーパイ モーレツ宇宙海賊 ミニスカ宇宙海賊 あきまん 小松未可子 佐藤竜雄 公式Twitterには「復活上映するかも?」とあるが、ドリパスでは決定となっている(画像はドリパスから)

モーパイ モーレツ宇宙海賊 ミニスカ宇宙海賊 あきまん 小松未可子 佐藤竜雄 キービジュアル/(C)2013 笹本祐一/朝日新聞出版・劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会

 「モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)」とは、笹本祐一さんのSFライトノベル「ミニスカ宇宙海賊」を原作として2012年に放送されたテレビアニメ。女子高校生の加藤茉莉香が宇宙海賊として活躍する奇抜な設定と、キャラクターのかわいらしさで注目され、放送終了から2年後にテレビシリーズとほぼ同じスタッフによる新作映画が公開されました。

 ドリパスは映画館と提携して、ユーザーが見たい映画のリクエストを募り、一定数のチケット購入が確保できた場合に上映が実現されるオンデマンドサービス。2018年は「モーレツ宇宙海賊」と同じ佐藤竜雄さんの監督作品「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」が、ドリパスのリクエスト実現で上映されたこともあります。

 「モーレツ宇宙海賊」公式Twitterや監督の佐藤さんは、上映実現に向けて応援を呼びかけている最中ですが、ドリパスのサイト内には既に「上映決定!」の表示があるので、期待できそうです。上映は9月15日、秋葉原UDXシアターにて。試験的大音量上映……ということで、自宅のDVD鑑賞では味わえないサウンドが堪能できそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた