ニュース
» 2019年08月09日 11時10分 公開

『山田太郎ものがたり』作者・森永あいさん、8月2日に逝去 悲しみの声広がる「どの作品も大好きだった」

8月2日早朝に体調を崩し、亡くなったとのこと。

[のとほのか,ねとらぼ]

 漫画『山田太郎ものがたり』や『僕と彼女の×××』などで知られる漫画家の森永あいさんが8月2日に亡くなっていたことを、『別冊フレンド』(講談社)の公式サイトが発表しました。

森永あい 山田太郎ものがたり 僕と彼女の××× 漫画家 『山田太郎ものがたり』(画像はAmazon.co.jpから)

 『極楽青春ホッケー部』『キララの星』を連載していた『別冊フレンド』は公式サイトで、「漫画家の森永あい先生が8月2日早朝に体調を崩され逝去されました」と報告。さらに、「森永先生の作品はどれも楽しく笑いに溢れ、読む人の気持ちを明るくさせるものでした」「たくさんのすばらしい作品を生み出してくださった森永先生に深く感謝を申し上げるとともに、先生の作品が末永く読み継がれていくことを心より願っております」と別れをしのんでいます。

森永あい 山田太郎ものがたり 僕と彼女の××× 漫画家 『山田太郎ものがたり』(画像はAmazon.co.jpから)

 美しい絵柄とシュールなギャグ描写のギャップが特徴的な森永さんの作品。『山田太郎ものがたり』は2007年7月に嵐の二宮和也さん、櫻井翔さん、女優の多部未華子さんらによってTBS系でドラマ化もされていました。

 突然の訃報にネットでは、「ショックすぎる どの作品も大好きだったから…」「青春時代に、ユンカースカムヒア、山田太郎ものがたり、あひるの王子さま、楽しく読んでました。突然のことで驚いています」「絵柄との激しいギャップのギャグ、テンポのいいストーリー展開が好きでした。ご冥福をお祈りします」と悲しみの声が寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ