ニュース
» 2019年08月09日 13時44分 公開

「頭の中で鈴がなるうぅぅう!」  水野美紀が「奪い愛、夏」でホラーな怪演、フルスロットルな初回に注目集まる

1話からテンション高すぎじゃないですか?

[川上酒乃,ねとらぼ]

 女優の水野美紀さんが8月8日、ドラマ「奪い愛、夏」(AbemaTV)の第1話から視聴者を魅了する怪演を披露。同日にはドラマ公式Instagramでその演技を披露した動画が公開されており、ファンからは「サイコーすぎる」「水野美紀さんの怪演が大好きすぎる」と絶賛する声が相次いでいます。狂気を演じさせたら右に出る者がいない水野さん。

奪い愛夏 水野美紀 小池徹平 松本まりか 狂気 公式Instagramにはフラッシュバックで悶える迫真の動画を投稿(画像は「奪い愛、夏」Instagramから)

 「奪い愛、夏」は2017年に放送された人気ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日)の事実上の続編で、マッチングアプリ会社「ラブネクスト」社長の花園桜(水野さん)が主人公のラブホラー。第1話は、広報部に務める元読者モデルの桐山椿(小池徹平さん)と空野杏(松本まりかさん)が両思いから交際に発展するほのぼのとした冒頭からスタート。しかし椿の実家が営む和菓子屋が経営難に陥ったため、借金を返済するために桜の「1億円で私と結婚しなさい」という申し出を受け入れざるを得なくなり婚姻届を提出。新婚生活初日から、桜が椿に「明日起きたら、ここにあなたの種を入れておいて」と検査カップを手渡すシュールなシーンなど見逃せない展開が続きました。

奪い愛夏 水野美紀 小池徹平 松本まりか 狂気 検査カップと真顔の桜社長(画像は「奪い愛、夏」Instagramから)

 中でもファンが絶賛したのは、桜がフラッシュバックに身悶えるシーン。両手の拳を頭に添えて「頭の中で鈴がなるうぅぅう!」「音が大きくなる!」「頭をなでて、優しくよ、優しく、早く!」と苦しそうにしゃがみこむ姿に、ファンからは「すごい強烈」「ほんと全力で面白い〜〜〜」「狂気じみた演技めっちゃうまくね」と名演をたたえる声が相次いでいます。

奪い愛夏 水野美紀 小池徹平 松本まりか 狂気 こわい(C)AbemaTV

 同ドラマのInstagramでは、桜が包丁を研いだり愛という文字をひたすら書き連ねたり、「ウソついたら針千本飲ーます」と歌いながら針山に針を刺していく不気味さ漂う動画や画像が投稿。ファンからは「コワイ、コワイ、コワイ」「期待が増しますね」と恐怖におののきながらも沸き立つ声が寄せられていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.