ニュース
» 2019年08月11日 12時00分 公開

「あいさつ代わりに組み手を仕掛け合う」 オリンピックをガチで目指していた人に“あるある”を聞いてきた(レスリング編) (1/4)

頂点を目指す者たちの世界。

[中山順司,ねとらぼ]

 みなさんはオリンピックを目指したことがありますか?(私はないです)

 オリンピック選手になるって、つまり日本代表じゃないですか。日本代表……選ばれしアスリート……とても甘美な響きです。が、幼少期から研鑽を積み、勝ち続け、無数の敵を倒した先にようやく見えるのがオリンピック代表の座なわけで、ほんの一握りの選手しか夢を叶えられない厳しい世界でもあります。

 今回登場いただくのはレスリング選手。軽量級(フリースタイル)で「北京とロンドンを目指していたけど、あと一歩夢叶わなかった」という33歳のAさん(男性)。オリンピックを目指していた人から見える”夢の舞台”とは? オリンピック目指していた人あるあるってどんなの? などをお聞きしてきました。


※アジア選手権の表彰台にて(右から2人目がAさん)。ちなみに2位の選手はロンドンオリンピックでメダルを獲ったそうです

レスリングの出会いと五輪を目指すに至ったワケ

――レスリングを始めた時期とキッカケは?

 父親が元選手だった影響です。父が練習でタックルを仕掛けている姿がカッコよくって、自分もやってみたいと思いました。始めたのは小学5年生のときで、ジュニア選手としてみるとやや遅いほうではあるんですが。早い選手だと3〜4歳で取り組みますからね。

――遅い開始だったにもかかわらず、オリンピック代表が視野に入るほど成長したのはなにか理由があったんですか? 6〜7年のハンディって、スポーツではわりと越えられない壁のような気がしますが。

 練習量と環境の差だと思います。中学にはレスリング部がなかったので、父の口利きで別の高校の部活でやらせてもらってました。いきなり3歳年上の選手相手なので初めの頃はボコられまくって、練習に行くのが若干憂鬱でしたよ(笑)。

――でも、格上の相手しかいない環境に身をおいていれば、嫌でも上達しそう。

 ですね。しかもアウェー感が半端ないので、メンタルを含めて鍛えられた気がします。中3のときに全日本中学校選手権で優勝できたのはそのおかげかと。で、高校進学したら周りとのレベル差がついてしまっていたので、今度は大学のレスリング部でやるという……常に飛び級で練習していましたね。そんなこんなでオリンピック代表選手を目指すことになりました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた