ニュース
» 2019年08月11日 12時00分 公開

「あいさつ代わりに組み手を仕掛け合う」 オリンピックをガチで目指していた人に“あるある”を聞いてきた(レスリング編)(1/4 ページ)

頂点を目指す者たちの世界。

[中山順司,ねとらぼ]

 みなさんはオリンピックを目指したことがありますか?(私はないです)

 オリンピック選手になるって、つまり日本代表じゃないですか。日本代表……選ばれしアスリート……とても甘美な響きです。が、幼少期から研鑽を積み、勝ち続け、無数の敵を倒した先にようやく見えるのがオリンピック代表の座なわけで、ほんの一握りの選手しか夢を叶えられない厳しい世界でもあります。

 今回登場いただくのはレスリング選手。軽量級(フリースタイル)で「北京とロンドンを目指していたけど、あと一歩夢叶わなかった」という33歳のAさん(男性)。オリンピックを目指していた人から見える”夢の舞台”とは? オリンピック目指していた人あるあるってどんなの? などをお聞きしてきました。


※アジア選手権の表彰台にて(右から2人目がAさん)。ちなみに2位の選手はロンドンオリンピックでメダルを獲ったそうです

レスリングの出会いと五輪を目指すに至ったワケ

――レスリングを始めた時期とキッカケは?

 父親が元選手だった影響です。父が練習でタックルを仕掛けている姿がカッコよくって、自分もやってみたいと思いました。始めたのは小学5年生のときで、ジュニア選手としてみるとやや遅いほうではあるんですが。早い選手だと3〜4歳で取り組みますからね。

――遅い開始だったにもかかわらず、オリンピック代表が視野に入るほど成長したのはなにか理由があったんですか? 6〜7年のハンディって、スポーツではわりと越えられない壁のような気がしますが。

 練習量と環境の差だと思います。中学にはレスリング部がなかったので、父の口利きで別の高校の部活でやらせてもらってました。いきなり3歳年上の選手相手なので初めの頃はボコられまくって、練習に行くのが若干憂鬱でしたよ(笑)。

――でも、格上の相手しかいない環境に身をおいていれば、嫌でも上達しそう。

 ですね。しかもアウェー感が半端ないので、メンタルを含めて鍛えられた気がします。中3のときに全日本中学校選手権で優勝できたのはそのおかげかと。で、高校進学したら周りとのレベル差がついてしまっていたので、今度は大学のレスリング部でやるという……常に飛び級で練習していましたね。そんなこんなでオリンピック代表選手を目指すことになりました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」