“ミスター平成仮面ライダー”高岩成二、主役スーツアクターを「ゼロワン」縄田雄哉にバトンタッチ

高岩「仮面ライダーは渋々だった」? 20年の軌跡を振り返る。

» 2019年08月11日 06時30分 公開
[ADAKENねとらぼ]

 令和初ライダーとして9月1日の放送開始前から話題を集めている「仮面ライダーゼロワン」で、主演のスーツアクターが「仮面ライダージオウ」まで歴代主役ライダーを演じてきた高岩成二さんから縄田雄哉さんにバトンタッチすることになりました。“ミスター平成ライダー”高岩さん、本当にお疲れさまでした!

高岩成二 平成仮面ライダー 仮面ライダージオウ スーツアクター 縄田雄哉 仮面ライダーゼロワン 高岩ライダーから縄田ライダーへバトンタッチ

 高岩さんは、平成仮面ライダーシリーズ第2作「仮面ライダーアギト」で主役スーツアクターを担当して以来、「仮面ライダー響鬼」を除く18作品で主役ライダーのアクションを演じてきた、まさに平成ライダーの歴史そのもの的存在。熱烈なファンも多く、主人公の性格までも細かな動きで表現してしまうアクションは職人芸の領域。決めポーズのしぐさ1つで「高岩さんだ!」と覚えられてしまうほど、仮面ライダーのイメージを体現していました。

 一方、縄田さんはジャパンアクションエンタープライズ(JAE)所属。ドラマや映画、舞台などで活躍し、平成仮面ライダーシリーズでは「仮面ライダーエグゼイド」で仮面ライダーゲンムのスーツアクターとして独特なポーズを生み出すなど人気を獲得。「仮面ライダージオウ」では仮面ライダーゲイツのスーツアクターとして、高岩さん演じるジオウとともに1年間戦っていました。

高岩成二 平成仮面ライダー 仮面ライダージオウ スーツアクター 縄田雄哉 仮面ライダーゼロワン 素顔での決めポーズ、貴重だ

 バトンタッチにあたり、新旧スーツアクターのインタビューコメントが到着。高岩さんは、初めてライダーを演じた当時を振り返り「僕はずっと『スーパー戦隊シリーズ』のレッドを担当していて『仮面ライダーアギト』(2001〜02年)からライダーに移ったのですが、実はずっとスーパー戦隊をやりたかったんです。だから、仮面ライダーをやる時は、渋々という感じでして(笑)」と意外な心の内をカミングアウト。

 「だから撮影に入った時もテンションが上がらなかったんですが(笑)、ある時、他の仮面ライダー役のスーツアクターと話しているときに突然プチッとスイッチが入って、絶対に『仮面ライダークウガ』(2000〜01年/平成仮面ライダー第1作・主演スーツアクターは富永研司さん)を超えてやろう! 視聴率も上げてやる! と。そこから始まりました」と熱い思いに至ったいきさつを語っています。

高岩成二 縄田雄哉 インタビューでも息ピッタリの2人

 高岩さんは当初、スーパー戦隊シリーズと仮面ライダーとの芝居の違いに戸惑い、監督の指示に腹立たしく思ったこともあったとか。「『わかりました!もう動きません!』と思っちゃったんです(笑)。動かないと言っても、ただじーっとしているのではなく、感情を作って誇張せず自分の芝居をやったら『それ!』と言われて。動かない、というのもお芝居だなとそこで理解しましたね。それ以降、自分の感情や思いを先にやろう、そうすれば“マスクの表情”は後からついてくる、と思うようになりました」。

 一方、大先輩の後を託されることになった縄田さんは「これまでドラマや映画などいろいろな現場を経験してきましたが、いつかは主役をやりたいと思っていたので決まった時は単純にうれしかったです。でも、そのあとは不安が襲いかかってきましたね(笑)。今の自分のスキルで大丈夫だろうか、高岩さんの姿を見ていても表現の幅に差があると感じていたので。喜びと不安が入り混じった気持ちになりました」と緊張気味に回顧しています。

高岩成二 仮面ライダージオウ ライダーキック キックも美しい、高岩さんが演じるジオウが見られるのもあとわずか

 これに対し高岩さんは、「アドバイスするところなどは正直まったくないですね。安心して見ていられる部分が多々あります。これまでスペシャルなどで過去の平成ライダーにお手伝いで後輩に入ってもらった時があるのですが、見ていると『ちょっと違うな』ということもありました。でも、縄田に関してはすごく絵になるんです。アクションも手足が長くてかっこいいですし、『ジオウ』で初めてバディとしてやらせてもらいましたが、やっぱり安定している」と太鼓判のコメント。縄田さんは「いや、今のお話を聞いて、ちょっとニヤッとしちゃいました(笑)。そんな風に思ってくれていたんだと(笑)」と照れくさそうに返しています。

縄田雄哉 仮面ライダーゼロワン 縄田さん演じる仮面ライダーゼロワン

 自分の中ではやりきった感が強いという高岩さんですが、「ゼロワン」にも引き続き関わっていくとのこと。とはいえ、高岩さんが演じる仮面ライダージオウがテレビで見られるのも8月25日放送の最終話まで。その勇姿をしっかり目に刻んでおきましょう。


(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評