ニュース
» 2019年08月14日 11時00分 公開

神の化身とも呼ばれる美しい動物 ユキヒョウの写真集『神の獣 ユキヒョウ』が発売

かわいいだけじゃない、その魅力。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 ラーテルハートからおそらく世界初(出版社調べ)のユキヒョウの写真集、『神の獣 ユキヒョウ』が発売されます。


青い空とユキヒョウ 写真集の主人公、「ユキヒョウ」

 ユキヒョウは現地では神の化身など神聖な動物と呼ばれる、その名前の通り雪のように真っ白い毛皮が特徴的なヒョウの仲間です。日本国内では多摩動物公園東山動物園など比較的飼育している動物園が多い動物ですが、野生における生息数は4000頭程度といわれていて、絶滅が心配されています。

 ユキヒョウは数が少ない上に中央アジアやヒマラヤ周辺の標高の高い高地に生息していること、毛皮が保護色となって見つけにくいこと、とても警戒心が強いことから写真を撮影することどころか、その姿を見つけること自体がとても難しいといわれている動物。

 テレビの撮影班が数カ月ロケを行って、1度もユキヒョウの姿を見かけられなかった……ということが過去に何度もあったという話からも、ユキヒョウを見つけることの難しさがうかがえますね。


ユキヒョウの写真2枚並び 野生のユキヒョウならではの魅力が詰まっています

 そんなユキヒョウですが、今回の写真集には積極的にユキヒョウの保護活動を行っている環境保護団体WWF、動物のニュースや写真を数多く取り扱っているナショナルジオグラフィック、野生動物写真家の秋山知伸氏、ラダック(インド)のユキヒョウ保護団体などユキヒョウのスペシャリストたちの協力と支援のもと、貴重な野生のユキヒョウの写真がなんと60点も掲載されています。

 ユキヒョウの写真だけではなく、ユキヒョウが住んでいる環境や生態、保護活動に関する説明や写真も盛り込まれている写真集は、ユキヒョウについて深く知ることができる1冊となっています。

 『神の獣 ユキヒョウ』はA4判ハードカバーでカラーページが80ページもある大ボリューム仕様、8月19日から1冊4800円(税別)で販売されます。なお8月10日から8月18日まで、有隣堂の一部店舗(全10店舗)にて先行販売も行われますよ。

三日月 影狼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン