ニュース
» 2019年08月14日 11時00分 公開

神の化身とも呼ばれる美しい動物 ユキヒョウの写真集『神の獣 ユキヒョウ』が発売

かわいいだけじゃない、その魅力。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 ラーテルハートからおそらく世界初(出版社調べ)のユキヒョウの写真集、『神の獣 ユキヒョウ』が発売されます。


青い空とユキヒョウ 写真集の主人公、「ユキヒョウ」

 ユキヒョウは現地では神の化身など神聖な動物と呼ばれる、その名前の通り雪のように真っ白い毛皮が特徴的なヒョウの仲間です。日本国内では多摩動物公園東山動物園など比較的飼育している動物園が多い動物ですが、野生における生息数は4000頭程度といわれていて、絶滅が心配されています。

 ユキヒョウは数が少ない上に中央アジアやヒマラヤ周辺の標高の高い高地に生息していること、毛皮が保護色となって見つけにくいこと、とても警戒心が強いことから写真を撮影することどころか、その姿を見つけること自体がとても難しいといわれている動物。

 テレビの撮影班が数カ月ロケを行って、1度もユキヒョウの姿を見かけられなかった……ということが過去に何度もあったという話からも、ユキヒョウを見つけることの難しさがうかがえますね。


ユキヒョウの写真2枚並び 野生のユキヒョウならではの魅力が詰まっています

 そんなユキヒョウですが、今回の写真集には積極的にユキヒョウの保護活動を行っている環境保護団体WWF、動物のニュースや写真を数多く取り扱っているナショナルジオグラフィック、野生動物写真家の秋山知伸氏、ラダック(インド)のユキヒョウ保護団体などユキヒョウのスペシャリストたちの協力と支援のもと、貴重な野生のユキヒョウの写真がなんと60点も掲載されています。

 ユキヒョウの写真だけではなく、ユキヒョウが住んでいる環境や生態、保護活動に関する説明や写真も盛り込まれている写真集は、ユキヒョウについて深く知ることができる1冊となっています。

 『神の獣 ユキヒョウ』はA4判ハードカバーでカラーページが80ページもある大ボリューム仕様、8月19日から1冊4800円(税別)で販売されます。なお8月10日から8月18日まで、有隣堂の一部店舗(全10店舗)にて先行販売も行われますよ。

三日月 影狼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐