ニュース
» 2019年08月17日 08時00分 公開

実写版「シティーハンター」、11月公開決定! 北条司も「このストーリーは原作にも入れたかった」と太鼓判

日本版ティーザービジュアルと特報映像が公開。

[のとほのか,ねとらぼ]

 北条司さん原作の漫画『シティーハンター』をフランスで実写化した映画「NICKY LARSON(原題)」の日本公開が11月に決定。タイトルは「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」で、併せて日本版ティーザービジュアルと特報映像が公開されています。


 2017年に制作発表がされると、人気作だけに喜びの声があがった一方で抵抗を感じていた人も多くいた同作の実写映画化。しかし、2018年にパリで開催された「Comic Con Paris」のトークイベントでは、現地に駆け付けた北条さんが「これぞシティーハンター!」と太鼓判を押しており、一足先にフランスで2月に公開されると、2週間で観客動員数100万人を突破するなど評価は上々で、日本でも期待が膨らんでいました。

シティーハンター フランス 実写映画 ティーザービジュアル (C) AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

 日本での公開決定について監督と主演を務めたフィリップ・ラショーは、「ようやく日本の権利元と連絡がつき、18カ月かけて書いた脚本を持って北条先生に会いに行き、その48時間後にOKがでたんだ。北条先生から、脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかったと言ってもらった。最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ!」と制作が決定した際を回顧しながら、「その時のことを考えると、こんなにも早く日本の皆さんに見てもらえる日がやってくるなんて! お手柔らかに!」とコメントしています。

 北条さんは、「今年(2019年)は、シティーハンターの劇場アニメ版公開からはじまり、このフランス版の日本公開で締めくくることができ、まさに“シティーハンターイヤー”となりました」と1999年のテレビスペシャルから20年ぶりに公開されたアニメ映画「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」にも触れつつ喜びをコメント。実写版の映画については、「監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディー映画となっています。シティーハンターを応援してくれる方には是非ご覧いただきたいです」と呼びかけています。

 なお、サブタイトルの「史上最香のミッション」は、物語の重要な鍵となる「パフューム=“香”水」と、冴羽りょう(りょうはけものへんに?)の相方・槇村“香”のダブルミーニングになっています。

シティーハンター フランス 実写映画 ラショーは髪と瞳を黒くして挑んだとのこと(画像はYouTubeから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.