レビュー
» 2019年08月17日 11時20分 公開

NHKよるドラ「だから私は推しました」リアル友達を切り捨てて、アイドルを推す道を選ぶ3話 この関係は「二人三脚」か「共依存」か?(1/2 ページ)

リア充な友達にオタク・カミングアウト。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 NHK「よるドラ」「だから私は推しました」(NHK・土曜23時30分〜)第3話。前回、推している地下アイドル・栗本ハナ(白石聖)につきまとう厄介オタ・瓜田勝(笠原秀幸)を撃退した遠藤愛(桜井ユキ)。ここから瓜田と愛の戦いがはじまるのかと思いきや、今回は自分自身の内面との戦い。


だから私は推しました アイドルオタクの内面の葛藤、そして推しTシャツのパワーと意味 イラスト/北村ヂン

忠誠心を試されるTシャツを着られるか!?

 「私はファンであって、オタクではないもん

 ライブには全通。チェキ券もまとめて20枚(2万円!)購入。「SHOWROOM」ならぬ「SHOWCASE」での、誰も見ていないようなライブ配信すら完全チェックしているほどドハマリしている愛だが、キラキラ女子を装っていた時期が長いだけに堂々と「オタク」を名乗るのには、まだ抵抗があるようだ。

 ハナからプレゼントされたサイン入りのTシャツを恥ずかしくて着られない(確かにデザインがヤバ過ぎるのだが……)愛は、オタク仲間からこんなことを言われてしまう。

 「オバハンはさ、世間が『いいね!』っていうものしか『いいね!』って言えないセンスの持ち主なわけだよ。だから感度の鈍い世間からはまだ『いいね!』とされていないこのサニサイのオタTはハズいってことになるわけ」

 すごく納得できる言葉!

 ファンになりたての頃は、普段使いできるようなスタイリッシュなデザインのグッズが嬉しいものだが、ドハマリするにつれ、ズドーンとグループ名やイラストがあしらわれた、とても外では着られそうにない忠誠心の試されるグッズを求めるようになる。

 一般受けゼロのヤバめなグッズを身につけることで、世間の評価は関係ナシに、力強く「これが好きなんだ!」とアピール。推しと共犯関係になったような快感を覚えるのだ。

 これを恥ずかしがっているうちは、まだまだニワカ!

遂にカミングアウト「私はあの子のオタなの!」

 そんな中、急きょショッピングモールの野外ステージでのライブが決まる。これも忠誠心を試される現場だ。

 ライブハウスという閉鎖された空間なら、どんなに激しくオタ芸を打っていても問題ないが、何も知らないファミリー層が集うオープンスペースでのライブ。ここではじけるのは、かなりハードルが高い。しかもその現場で、オタ活のため最近では疎遠になっていた友人たちと遭遇してしまう。

 キャリア組であることを誇っていた日高真衣(篠原真衣)は、なぜか地下アイドルをディスりまくり。「一緒にライブを見よう」なんて言い出せる雰囲気ではない。

 「昔はアイドルって一握りの選ばれた子がなるって感じだったじゃん。今は学校でカースト低めの子が汚いライブハウスで歌うたって『私、アイドルやりま〜す』『僕はファンやりま〜す』って、それでいっちょ上がり」

 思いっきりディスっているわりに、地下アイドル事情にお詳しい。実はアイドルを目指していた過去がある……とかじゃないだろうな。

 そんな真衣の発言にキレたというよりは、偏見にこりかたまった真衣を見て、堂々と「オタク」と言えない自分が恥ずかしくなったのだろう。

 「バカなのか。人の目ばっか気にして。バカなのか私!」「私はあの子のオタなの!」

 涙を流しながらハナへの思いを訴える愛の姿に心を打たれるが、真衣の反応はザ・身も蓋もなし。

 「共依存っていうんじゃないの? そういうの。カウンセリングとか行った方がいいと思うよ、マジで」

 どうしてここまで地下アイドルに対して憎悪を募らせているのか……。この人はこの人で、ものすごい闇を抱えていそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声